沖縄闘争

沖縄闘争
理不尽な米軍の沖縄駐留に終止符を

沖縄報告 12月6日ピープルズ・パワーで国政の根幹の転換へ 沖縄 K・S 辺野古埋立中止・新基地建設撤回を閣議決定せよ!  日本社会は今深刻な危機の中にある。コロナ感染の拡大の中で、医療の脆弱、経済の行き詰まり、中小零細 […]

沖縄闘争
貴重な海の環境をこわすな

沖縄報告 11月15日辺野古だけではない! 陸にも海にも軍事施設つくるな 沖縄 K・S 11.8 「なぜ今、那覇軍港移設か?」講演会に80人 那覇にも浦添にも、どこにも軍港はいらない!  一一月八日(日)午後、那覇市の真 […]

沖縄闘争
沖縄情勢の現段階と展望(下)

アジアの島々の非軍事化へ米の軍事支配取り除く連帯で 沖縄 N・J 県は「真摯な協議」求める 「和解」により実際に工事が止まった。政府防衛局は海上からフロート・汚濁防止膜と工事台船を撤去した。陸上からの工事車両の出入りもな […]

沖縄闘争
大規模自然破壊のヘリパッド建設

沖縄報告 2万4000本の立ち木伐採が進行 沖縄 K・S 10.2 宜野湾市民会館で4回上映 映画「ザ・思いやり」 台風一八号が接近する一〇月二日、宜野湾市民会館で、ドキュメンタリー映画「ザ・思いやり」が午前から夜にかけ […]

沖縄闘争
沖縄情勢の現段階と展望(上)

地方政府と中央政府が全面対決米軍の利益を代弁する日本政府沖縄とともに闘う戦線を全国に形成しよう 沖縄 N・J  以下に掲載する論文は「沖縄情勢の現段階と展望」は、本紙上で毎号、沖縄現地の闘いを生き生きと書いていただいてい […]

沖縄闘争
沖縄知事選 伊波候補一歩及ばず、日米合意撤回へ運動再組織化を

 十一月二十八日投票された沖縄知事選は、最終的に現仲井真弘多知事の再選で決着した。普天間米軍基地の県内たらい回し・辺野古移設をきっぱり拒否し、あいまいさを残すことなく県外移設のための日米合意見直しを掲げた伊波洋一候補は、 […]

沖縄闘争
辺野古・高江の訴えに応え注目浴びたジュゴンの行進

沖縄に基地はいらない!  九月十二日、東京銀座で「沖縄に基地はいらない!ジュゴンの行進!」集会とデモが「辺野古への基地建設を許さない実行委員会」の主催で行われた。二百人(主催者発表)が参加した。 水谷橋公園の簡単な集会で […]

沖縄闘争
沖縄戦の歴史を改ざんするな 軍が「自決」を強制した

沖縄県民大会に参加して11万6千人の大結集で戦争への流れ押し戻せ  【沖縄】九月も終わろうとする二十九日、沖縄は今日も三十度を超すむし暑さだ。 会場の宜野湾海浜公園周辺は、マイカーの乗り入れ自粛が呼びかけられ、市町村実行 […]

沖縄闘争
辺野古新基地建設反対闘争を支援し米軍再編止めよう

沖縄県知事選の結果について 基地問題争点化避けた与党  十一月十九日投票の沖縄県知事選は、自民・公明の与党の全面的支援を受けた仲井真弘多候補(元沖縄電力会長)が三十四万七千三百三票を獲得し、民主党から共産、社民、社大、自 […]

沖縄闘争
沖縄闘争論の深化のために

資料:沖縄の「自治・自決・独立」論にどう向き合うべきなのか――われわれの総括をこめて  沖縄の反基地闘争は、普天間基地返還の代替とされた名護市・辺野古への新基地建設反対の攻防を経て、自民党沖縄県連などの保守層をも含めた「 […]

沖縄闘争
「沖縄イニシアチブ」論争によせて

沖縄から出された基地容認と日本への従属と統合の論理知識人を総動員した論争に 国富建治  「沖縄タイムス」紙上で、「沖縄イニシアチブ」論争が続いている。論議に加わった比嘉良彦(元社会大衆党書記長、現県政参与)によれば「5月 […]

沖縄闘争
95年秋以降の闘いの中間総括と課題(下)

新たな展望のために――新安保体制と改悪特措法下の沖縄闘争 平井純一 高まる「自立・独立」論  九五年九月以後の米軍基地に対する闘いを経て「本土復帰」二十五年を迎えた沖縄では、「独立・自立」論が、あらためて顕在化しつつある […]