東京都議選の結果速報

自民・公明で過半数に達せず
五輪のゴリ押しに住民はNO!

 7月4日に実施された東京都議会議員選挙は、「自公で過半数」という1週間前のマスコミによる事前調査があったものの、自民党の惨敗、都民ファーストの会の善戦という結果となった。
 都議会の勢力は、都民フ31(選挙前45)、自民33(25)、公明23(23)、共産19(18)、立憲15(8)、維新1(1)、ネット1(1)、無所属4(5)となった。自公あわせて56議席にとどまり、過半数の64議席に届かなかった。投票率は42・39%(前回51・28%)と低調であった。
 昨年の都知事選で歴史的な圧勝を果たしたポピュリストである小池都知事に対する「幻想」が根強いものの、都民は菅義偉政権の場当たり的でご都合主義的なコロナ感染症対策、五輪ごり押し政策に対して「NO」を突きつけた。(詳細は次号)

The KAKEHASHI

購読料
《開封》1部:3ヶ月5,064円、6ヶ月 10,128円 ※3部以上は送料当社負担
《密封》1部:3ヶ月6,088円
《手渡》1部:1ヶ月 1,520円、3ヶ月 4,560円
《購読料・新時代社直送》
振替口座 00290=6=64430  新時代社

次の記事

東京都議選の結果と課題