文化・批評

文化・批評
書評「ルポ・収容所列島 ニッポンの精神医療を問う」

著:風間直樹・井艸恵美・辻麻梨子/東洋経済新報社/1760円 「新型コロナ」ウイルス感染 新型コロナウイルス感染症の拡大は、日本の医療体制の脆弱性を明らかにした。日本の医療の特徴を一言で表すとすれば、それは「安全」でも「 […]

文化・批評
映画紹介「ムクウェゲ『女性にとって世界最悪の場所』で闘う医師」

立山芽以子監督/2021年制作/日本 テレビドキュメンタリーをもとにした劇場作品  2018年のノーベル平和賞を受賞した産婦人科医師で人権活動家のデニ・ムクウェゲを追ったドキュメンタリー映画『ムクウェゲ「女性にとって世界 […]

文化・批評
チェチェンへようこそ─ゲイの粛清─

映画紹介 監督 デヴィッド・フランス 製作国:アメリカ/2020年   チェチェン共和国では、同性愛者というだけで警察に拉致され、拷問され、誰が同性愛者なのか自白を強要され、そしてさらなる被害者が。その末路は警察での獄死 […]

文化・批評
「防衛費2%の無理と無駄」

読書案内 「世界」3月号 文谷数重論文非現実性は自民党も承知の上 巨額軍事費への抵抗の鋭い武器 グローバル日米安保体制下、自衛隊は米軍の戦力を担い、共同作戦を担いきる武装装置へと加速化している。必然的に軍事費は、2022 […]

文化・批評
ストップ!敵地攻撃 大軍拡! 2022年度防衛予算

反戦・反基地運動で有効な指針を示す 読書案内発行/大軍拡と基地強化にNO!アクション2021 300円  「大軍拡と基地強化にNO!アクション2021」は、毎年来年度の軍事「概算要求」と「当初予算案」に対する批判を行ない […]

文化・批評
書評特集 東京五輪は何をもたらしたのか~フェミニスト視点で振り返る

アジア女性資料センター 発行「F vision No.4」 権力に抵抗するために編まれた オリ・パラは何をもたらしたか 冒頭、本山央子さん(アジア女性資料センター)は、 「特集にあたって」で東京2020オリンピック・パラ […]

文化・批評
読書案内 『増補改訂版 県内市町村史に掲載された中国での戦争体験記を読む~沖縄出身兵170人の証言~』(下)

沖本裕司 編著/2000円  「中国での戦争体験記を読む」の後半は、県内21にのぼる各市町村史に掲載された戦争にかかわる住民たち「170人」の文章から転載した「資料編」である。ここに収録された文章も住民たちそれぞれに降り […]

文化・批評
読書案内『増補改訂版 県内市町村史に掲載された中国での戦争体験記を読む~沖縄出身兵170人の証言~』(上)

沖本裕司 編著/2000円 県民の貴重な生の証言から 沖縄の人びとはアジア太平洋戦争をどう経験したのか アジア侵略戦争と民衆史  一昨年(2020年)6月、沖本裕司さんによる分厚いパンフレット『県内市町村史に掲載された中 […]

文化・批評
読書案内『「ヒロポン」と「特攻」 女学生が包んだ「覚醒剤入りチョコレート」』

相可文代 著/自主出版本(2021年9月第2版)梅田和子さんの戦争体験からの考察  「ヒロポン」の名が付けられた覚醒剤は、とりわけ戦後に広がり大きな社会問題となった。ここで紹介するパンフレットは、神風特攻隊の兵士たちに高 […]

文化・批評
冊子紹介 「トランスジェンダーのリアル」

「トランスジェンダーのリアル」製作委員会当事者たちがつくった冊子 実際の姿を知ってもらために 冊子の冒頭、「『あなたの性別は何ですか?』そう聞かれたとき、みなさんはどう答えますか。体が男だから男、体が女だから女。世の中に […]

文化・批評
投書ドストエフスキー誕生200年

SM  ロシアの小説家ドストエフスキー(フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー)は1821年11月11日に生まれた。2021年11月11日が誕生200年に当たる。11月11日・木曜日の『神奈川新聞』が「照明灯」(1 […]

文化・批評
映画紹介 「МINAМATA」

監督アンドリュー・レビタス 2020年製作/115分/アメリカユージン・スミスとアイリーンの3年間企業の犯罪、国家・地域の責任 資本主義が犯した犯罪 1970年代初めに水俣を訪れて、水俣病の実態を取材した米国の写真ジャー […]