文化・批評
映画紹介 「МINAМATA」New!!

監督アンドリュー・レビタス 2020年製作/115分/アメリカユージン・スミスとアイリーンの3年間企業の犯罪、国家・地域の責任 資本主義が犯した犯罪 1970年代初めに水俣を訪れて、水俣病の実態を取材した米国の写真ジャー […]

文化・批評
読書案内 『山谷 ヤマの男』(10月11日発行)

多田裕美子著/筑摩書房  1900円+税女性の目線で写す 山谷労働者の素顔  目つきの鋭い男が、レンズを睨みつけている。顔に差す朝の光が、彫りの深さを際立たせている。写真家・多田裕美子さんが、山谷に暮らす男たちを撮った写 […]

文化・批評
読書案内『グリーン・ニューディール』(10月11日発行)

明日香壽川 著 岩波新書/946円世界を動かすガバニング・アジェンダ温暖化をどう捉え どう闘うか  自民党総裁選が熱気を帯びている。18日に日本記者クラブ主催で開催された討論会を報じた翌日の新聞記事には「河野包囲網」など […]

連続講座
アジア連帯講座 11.5公開講座

香港はいま『香港の反乱』出版にあたって 報告/稲垣 豊さん(ATTAC首都圏) 日時/11月5日(金)午後6時30分~8時30分場所/全水道会館小会議室4F(JR・地下鉄三田線水道橋駅)  中国共産党による香港国家安全維 […]

文化・批評
映画紹介「ミス・マルクス」(9月20日発行)

監督スザンナ・ニッキャレッリ2020年製作/イタリア・ベルギー合作末娘エリノアの生涯を何と見るかマルクスの家族への知識も必要 マルクス伝とどう出会うか  9月3日の朝日新聞夕刊で、翌4日から映画「ミス・マルクス」が封切ら […]

オリンピック反対
投稿「オリパラ反対抗議アクション」に参加して(9月20日発行)

共生社会の空虚さ映した警察の弾圧S M  9月3日・金曜日と9月5日・日曜日に「オリンピック災害おことわり連絡会」と「反五輪の会」の呼びかけで「オリパラ反対抗議アクション」が千駄ヶ谷駅前でおこなわれるという。レイバーネッ […]

オリンピック反対
9.5オリ・パラはこれで終わりに(9月20日発行)

国家主義・能力主義の「祭典」はいらない反対運動が照らし出した五輪の「闇」翼賛報道に厳しい批判を 人びとは批判の声をあげた 9月5日、コロナ禍の中で強行されたオリンピック・パラリンピックも、ついに最終日をむかえることになっ […]

文化・批評
投稿 医薬品特許をめぐる対立(3)(9月13日号)

新型コロナワクチンの光と影たじま よしお  月刊『世界』9月号に、内田聖子さん(アジア太平洋資料センター共同代表)による「パンデミックが映す命の格差」なる文章が掲載されていますので、それを紹介しながら今一度特許制度につい […]

オリンピック反対
投書 パラリンピック開催抗議行動に参加して(2021年9月6日発行)

S・M  8月24日・火曜日、19時JOC前(外苑前駅)で「パラリンピック止めろ!開催に抗議するスタンディング~分断と差別、優生思想のパラリンピックに反対する!」(呼びかけ:オリンピック災害おことわり連絡会、反五輪の会) […]

オリンピック反対
8.24 パラリンピック開会式抗議 スタンディング弾圧許すな(2021年9月6日発行)

不当逮捕を糾弾する!  8月24日、オリンピック災害おことわり連絡会と反五輪の会は、「パラリンピック開会式抗議スタンディング」のアクションをとり組んだ。 仲間たちは、地下鉄外苑前で下車し、JOC(日本オリンピック委員会) […]

オリンピック反対
8.21分断と差別・優生思想のパラリンピックに抗議!(2021年9月6日発行)

コロナ災害の広がりの中で 8月21日、「分断と差別、優生思想のパラリンピックに反対する!」デモを行った。主催者のオリンピック災害おことわり連絡会と反五輪の会は、行動に向けて以下のように呼びかけた。 「五輪は終わったが、そ […]

文化・批評
読書案内『反東京オリンピック宣言』

小笠原博毅・山本敦久編:航思社刊 2200円+税 もう一度読み返そう もう一度読み返したい この間、福島原発災害とコロナ・パンデミックを経験する中で、あらためて2016年8月に刊行された『反東京オリンピック宣言』(小笠原 […]