東京オリ・パラやめろ

6.19 やってる場合か オリンピック
沿道からも共感の声

 6月19日、緊急事態宣言の解除を目前にして、新宿のアルタ前広場には東京オリ・パラの強行開催に反対する約80人の市民が結集して、新宿駅東口繁華街から、東京都庁に向けたデモが行われた。
 この日の前日には「新型コロナウイルス感染症対策分科会」の尾身会長ら有志による「五輪開催を前提にした」提言が政府に提出されたということもあり、参加者からは怒りの声があげられた。「一番大切なのは人の命だろう! ふざけるな!」。すでに東京では感染のリバウンドが始まっており「オリンピックなんかやっている場合か!」と声が上がる。
 五輪の「腐敗した実態」を告発する大きな横断幕も掲げられて、沿道からも注目を集めた。デモは人々の命よりも五輪を優先する東京都に対して、怒りのコールを上げる。「東京都はオリンピックを中止させろ」……。
 コロナの再感染拡大が世界的に始まっている。日本もインド株の猛威にさらされようとしている。IOCと菅政権がどう振る舞おうが、依然として東京オリ・パラ開催が「可能となったわけではない」のだ。ねばり強く五輪反対・中止の運動を続けていこう。 (R)

THE YOUTH FRONT(青年戦線)

・発行編集 日本共産青年同盟「青年戦線」編集委員会
・購読料 1部400円+郵送料 
・申込先 新時代社 東京都渋谷区初台1-50-4-103 
  TEL 03-3372-9401/FAX 03-3372-9402 
 振替口座 00290─6─64430 青年戦線代と明記してください。