私的特許制度の廃止を!

公的コントロールのもとに置かれた製薬産業と自由で普遍的な公的予防接種システムのために

 新型コロナウイルスの急速な世界的なまん延は、あらためて医療の公的なコントロール・無料化の課題を提示した。国際的な共同アピールを紹介する。(編集部)

 国際的な協力体制と歴史的な額の公的資金に基づく大規模な科学的努力のおかげで、人類は一年足らずで新型コロナウイルスに対するいくつかの有効なワクチンを開発することができた。
 しかし、この偉大な成果は、製薬産業の貪欲さによって完全に覆い隠されてしまう可能性がある。現在のような危機的な状況下では、国民の大多数から求められている対策の例外的性格は、民間製薬産業とその利益への永続的な渇望にも適用されなければならない。新型コロナウイルスワクチンの特許を停止することは、優先事項であり、最初のステップでなければならない。
 しかし、私たちはそこでとどまることはできない。COVAXやC―TAPのような取り組みが惨めに失敗したのは、その力不足からだけではなく、何よりも、しばしば財団という形で、富裕国や多国籍企業が世界秩序を自分たちの好みに合わせて作り変えようとする、現在のグローバル・ガバナンス・システムの失敗を反映しているからである。慈善事業や急成長する官民一体の取り組みはその答えではない。市場原理のみに突き動かされて、最大限の利益を追求する国家や産業が支配する世界における今日のグローバルな課題に直面すると、それらはなおさら答えとは言えない。
 健康危機は、解決にはほど遠い。資本主義システムと新自由主義政策があらゆる段階を支配している。このウイルスの根底には、人間と自然の関係をとめどなく変えてしまったことがある。エコロジー危機と健康危機は密接に絡み合っている。同じような略奪的新自由主義の論理が、危機に民間の競争原理を適用することによって、両方の結果を悪化させている。その結果、少数の特権階級の利益の名の下に、より多くの不平等、より多くの苦しみ、より多くの死がもたらされた。
 パンデミックは、私たちが何十年も前から目にしてきた、労働者階級、特に女性と人種差別を受けた人々がもっとも苦しんでいる危険な傾向、社会的格差、多次元的な現象を加速し、深化させた。女性は、パンデミックの最前線にいる医療従事者の大半を占めているだけでなく、公共サービスや社会的権利の削減に直面している中で命を守っている人々の大半を占めており、彼女たちはその最初の犠牲者である。
 良好な健康状態、医療や予防接種へのアクセスは普遍的人権である。したがって、ワクチンは世界的な公共財であると考えるべきだ。ワクチンの普遍的な入手可能性を確保するためには、特許権を停止することが必要であり、それは緊急を要する。この措置には、民間の製薬会社を国有化し、すべての国で公的な製薬会社の発展のために強力な投資を行うメカニズムが必要である。ワクチンの生産と流通を公的に計画し、可能な場合は現地の生産能力を発展させ、その他の場合は拘束力のある国際的な連帯によって補完することができるよう、断固たる措置が必要だ。
 ウイルスには国境がないように、ウイルスとの戦いにも国境があってはならない。健康排外主義は、世界を席巻している反動的な傾向のもう一つの顔である。南の諸国民は、世界の他の地域の人々と同じようにワクチンを入手できなければならない。私たちは、キューバがパンデミックに対するワクチンや治療法を開発し、その成果を人類が利用できるようにしようとしていることを歓迎する。パンデミックのような地球規模の課題には、地球規模での適切な対応が必要だからである。
 企業経済、市場への無条件の信頼、利益の追求は、人類の幸福とは相容れないことが証明されている。健康は商品ではない。経済的回復は、健康や圧倒的多数の権利を犠牲にしてはならない。私たちは、資本なのか、生命なのかを選択しなければならない。私たちは、迅速かつ強力に行動し、質の高い医療への平等なアクセスと普遍的な保証の世界戦略を構築しなければならない。
 こうした理由から、私たちは以下のことを要求する。
*新型コロナウイルスに関連するすべての技術、知識、治療法、ワクチンに関する民間特許の停止。
*企業秘密を排除し、生産コストや使用した公共投資に関する情報を、明確かつ一般的にアクセス可能な方法で公開すること。
*ワクチン開発のすべての段階で、透明性を確保し、公的に精査すること。
*ワクチン接種と治療への普遍的、自由かつオープンなアクセス。
*ジェネリックな治療法や医薬品の生産を促進する普遍的な公衆衛生システムの基礎として、民間の製薬産業を収用し、国民の管理下で社会化すること。
*公衆衛生と地域ケア政策のための公共投資と予算の増加(これらの部門のスタッフの増加、賃金の増額、労働条件の改善を含む)。
*パンデミック対策に必要な資金を調達し、グローバル資本主義のさまざまな危機から社会的に公正でエコロジー的に持続可能な形で脱却するために、富裕層(上位1%の富裕層の富と所得)に対する税金を導入すること。
*パンデミックの期間中、債務の支払いを停止し、違法な債務やウイルス対策のために契約した債務を帳消しにすること。
2021年5月18日

呼びかけ
CADTM、コレクティブ、世界女性行進、TNI、Womin

 この国際共同声明には、5月19日現在で、33の国際組織と46カ国・地域の198団体が賛同している。また、日本語を含む12カ国語で公表されている。

The KAKEHASHI

購読料
《開封》1部:3ヶ月5,064円、6ヶ月 10,128円 ※3部以上は送料当社負担
《密封》1部:3ヶ月6,088円
《手渡》1部:1ヶ月 1,520円、3ヶ月 4,560円
《購読料・新時代社直送》
振替口座 00290=6=64430  新時代社

前の記事

エコロジー

次の記事

コロナパンデミック