女性通信8・2

第4インターナショナルや内外で議論となった女性運動トピックス

▲フランスの国民議会で6月29日、同性カップルや独身女性にも生殖補助医療を認める法案が可決された。
 ▲米国ミシシッピ州のフィッチ司法長官は7月22日、最高裁判所に対し、人工妊娠中絶を規制するアメリカ国内法を違憲無効とした1973年の最高裁判所判決を破棄するよう要求する準備書面を提出した。

週刊かけはし

購読料
《開封》1部:3ヶ月5,064円、6ヶ月 10,128円 ※3部以上は送料当社負担
《密封》1部:3ヶ月6,088円
《手渡》1部:1ヶ月 1,520円、3ヶ月 4,560円
《購読料・新時代社直送》
振替口座 00290=6=64430  新時代社

前の記事

女性通信

次の記事

女性通信(2021年9月6日発行)