女性通信(6月6日)

▲米国上院で5月11日、人工妊娠中絶の権利を連邦レベルで保障する法案の採決に必要な手続が実施されたが、法案は事実上廃案となった。
▲経口中絶薬についての承認審査を行っている日本の厚生労働省は5月17日、参院厚労委員会で、中絶薬の服薬に配偶者の同意が必要とする見解を示した。
▲米国オクラホマ州のスティット知事は5月25日、受精後、レイプや妊婦の生死に関わる少数のケースを除き、ほぼ前面的に人工妊娠中絶を禁止する法案に署名した。

THE YOUTH FRONT(青年戦線)

・発行編集 日本共産青年同盟「青年戦線」編集委員会
・購読料 1部400円+郵送料 
・申込先 新時代社 東京都渋谷区初台1-50-4-103 
  TEL 03-3372-9401/FAX 03-3372-9402 
 振替口座 00290─6─64430 青年戦線代と明記してください。

前の記事

女性通信(5月2日)

次の記事

女性通信(2022年7月4日発行)