女性通信(2022年7月4日発行)

▲ポーランド議会の下院は6月23日、妊娠12週目までの中絶を自由化する法案を否決した。
▲米連邦最高裁は6月24日、妊娠15週以降の人工妊娠中絶を原則として禁止するミシシッピ州の法律が憲法違反か否かについて、人工妊娠中絶を憲法上の権利と認めた1973年の判例を覆す判断を示した。
▲ドイツ連邦議会下院は6月24日、人工妊娠中絶に関する情報提供禁止の撤廃を決定した。

THE YOUTH FRONT(青年戦線)

・発行編集 日本共産青年同盟「青年戦線」編集委員会
・購読料 1部400円+郵送料 
・申込先 新時代社 東京都渋谷区初台1-50-4-103 
  TEL 03-3372-9401/FAX 03-3372-9402 
 振替口座 00290─6─64430 青年戦線代と明記してください。

前の記事

女性通信(6月6日)