女性通信

▲米国で11月8日、中間選挙に合わせて人工妊娠中絶の権利に関する住民投票が5州で実施され、ミシガン、カリフォルニア、バーモントの3州で中絶の権利を州憲法で保護すべきという判断が下された。
▲米国の人工妊娠中絶反対派は11月18日、経口妊娠中絶薬「ミフェプリストン」の承認と、同薬の受け取り方法を緩和した当局の決定の取り消しを求め、テキサス州アマリロの連邦裁判所に提訴した。被告は、米食品医薬品局および米厚生省。

週刊かけはし

購読料
《開封》1部:3ヶ月5,064円、6ヶ月 10,128円 ※3部以上は送料当社負担
《密封》1部:3ヶ月6,088円
《手渡》1部:1ヶ月 1,520円、3ヶ月 4,560円
《購読料・新時代社直送》
振替口座 00860-4-156009  新時代社