「女性運動の新たな高揚」③

かけはし 第2662号 2021年4月19日 2021年2月 第4インターナショナル国際委員会 2・5 国際的な新たな高揚の前兆  女性運動のこの前の高揚期には、国際的な調整のための努力がおこなわれたことがあった。197 […]

新たな女性運動誕生の雷鳴か?

かけはし 第2661号 2021年4月12日 英国 クラファムの野外ステージ警察の非道な弾圧に決然と立ち向かう 【解説】  33歳になる女性、サラ・エヴェラードは3月3日午後9時、およそ40分かかると予想された徒歩で帰宅 […]

「女性運動の新たな高揚」②

かけはし 第2661号 2021年4月12日 決議 2021年2月 第4インターナショナル国際委員会 2 この高揚を引き起こした要因は何か? 2・1 以前の高揚での成果  新しい世代は―不均等だが複合的な形で―以前の[女 […]

「女性運動の新たな高揚」①

かけはし 第2660号 2021年4月5日 決議 2021年2月 第4インターナショナル国際委員会  「生活の状況を変えるためには、女性の目を通してそれらを見ることを学ばなければならない」レオン・トロツキー『官僚主義に反 […]

12組織のイニシアチブで世界女性デーを祝う

かけはし 第2660号 2021年4月5日 バングラデシュ バドルル・アラム  2021年3月8日、全国記者クラブ前で12の組織が世界女性デーを記念する合同の行動を行った。「コロナ下で女性の指導性を、平等の新しい世界の建 […]

3・8世界女性デー

フランス みんなでストライキへ! 3月7日 NPA全国フェミニスト委員会 2021年3月8日が、特に女性に重くのしかかっているシステム内の世界的諸危機を背景に来ようとしている。彼女らが圧倒的に占めている職、特にケア部門の […]

同意のない性行為は犯罪だ

かけはし 第2656号 2021年3月8日 相次ぐ家庭内性暴力「無罪」判決被害者の立場からの判決を私たちの声を広げよう 2019年3月の無罪判決 12日福岡地裁。「女性から明確な拒絶の意思が示されていなかった」と主張して […]

フェミニズム視点からのコロナ対応策を求める緊急アピール

かけはし 第2654号 2021年2月22日 資料社会構造に埋め込まれた不平等がもたらす脆弱性を減らし、すべての人びとの生存を支えるために COVID-19×フェミニズム会議 (COVID-19 & Femini […]

第四インターナショナル国際委員会・女性委員会に参加して

かけはし 第2652号 2021年2月8日 性差別と闘う主体形成のために 山中かれん (JRCL) FI各国支部の仲間とともに  今年2021年1月、第四インターナショナル国際委員会女性委員会の会議に日本支部(JRCL) […]

投 稿 本紙新年号 遠山論文によせて

かけはし 第2649号 2021年1月18日 「レイプ」「強かん」の用法について ふじい えいご 以前から思っていたことなのですが、かけはし21年新年号に”「女性差別との闘いの義務」と「組織のフェミニズム化」 […]

韓国社会変革労働者党の「性差別・性暴力根絶」に関する規約

かけはし 第2649号 2021年1月18日 第3号党規:性差別。性暴力根絶および予防に関する規定韓国 社会変革労働者党の党規約から 社会変革党党規約掲載にあたって  キム・テヨン(社会変革労働者党代表)が「かけはし」韓 […]

「女性差別との闘いの義務」と 「組織のフェミニズム化」の検証に向けて

かけはし 第2647・2648合併号 2021年1月1日 遠山裕樹 はじめに  「共同コミュニケ 第四インターナショナル日本支部としての活動再開にあたって 日本革命的共産主義者同盟(JRCL) 国際主義労働者全国協議会( […]