第四インターナショナル第16回世界大会開催

 二月末、世界すべての大陸にわたる四十カ国の支部、支持組織、ゲスト組織からの二百人以上の代議員、オブザーバーなどの参加の下に、第四インターナショナル第十六回世界大会がベルギーで開催された。日本からは日本革命的共産主義者同盟(JRCL)と国際主義労働者全国協議会(NCIW)の代表が参加した。
 二〇〇三年の第十五回世界大会以来の世界情勢の急展開、とりわけアメリカ帝国主義の世界的ヘゲモニーの急速な衰退と、金融・経済・環境・食糧・エネルギーなど全般に及ぶグローバル資本主義のシステム危機の深まりと新しい運動の展開の中で、一年間以上の準備討論を経て第十六回世界大会ではきわめて活発な論議が行われた。
 世界大会は「世界情勢」、「気候変動」、「第四インターナショナルの役割と任務」に関する議案を、多くの補足・修正意見を取り入れて採択し、さらに世界各国の同志たちの提案に基づく多くの決議を採択した。大会では、ベネズエラのチャベス大統領が提起する第五インターナショナルの呼びかけや、米国の左翼ウエブサイト・Zネットから発信されているノーム・チョムスキー、バンダナ・シヴァ、ミシェル・レヴィなどが署名した「参加型社会主義インターナショナル」の呼びかけについても、第四インターナショナルの共通の綱領的立場と展望、内部民主主義、国家からの完全な独立という原則に立って、討論に積極的に参加することを決定した。
 大会は、新たな国際委員会(IC)を選出した。新たな国際委員会の構成は女性が四〇%以上となり、また多くの若い世代が参加するものとなった。世界大会は、ロシアの青年労働者・学生の闘いの発展を基礎に結成された「社会主義運動フペリョード(前進)」を第四インターナショナル・ロシア支部として承認した。また今回の世界大会ではヨーロッパやラテンアメリカだけではなく、フィリピンやパキスタンにおける大きな組織的成長を背景に、第四インターナショナルのアジアにおける新たな発展の可能性をも印象づけるものとなった。
 本紙では、今号から第十六回世界大会で採択された決議を順次掲載していくこととする。(「かけはし」編集部)

THE YOUTH FRONT(青年戦線)

・発行編集 日本共産青年同盟「青年戦線」編集委員会
・購読料 1部400円+郵送料 
・申込先 新時代社 東京都渋谷区初台1-50-4-103 
  TEL 03-3372-9401/FAX 03-3372-9402 
 振替口座 00290─6─64430 青年戦線代と明記してください。