国際委員会
危機の時代に役だつ党とは

幅広い党をめぐる論争の継続に向けて人々の切望に応える展望を資本主義の管理ではない道 ローレン・カラッソ  欧州を中心に、統一された左翼の新たな政党の創出が重大な実践課題となり、第四インターナショナル(FI)内部でも、各支 […]

国際委員会
気候の破局的大乱と地球的環境危機への社会的動員を

宣言 第四インターナショナル国際委員会  二〇一〇年二月の第四インターナショナル世界大会以来、気候の大攪乱が引き起こすものはより明白とすらなっている。パキスタンにおける史上最悪の洪水、ロシアにおける激しい熱波と森林火災、 […]

第16回大会
第四インターナショナル第16回大会世界情勢決議討論冒頭報告

「ニューディール」は水平線上にはない!危機が駆り立てる支配階級の攻撃をはね返す民衆的統一には何が必要か ローレン・カラッソ この報告は世界に関する詳細な分析をめざしたものではなく、最も重要なもの、われわれの観点において、 […]

第16回大会
メキシコにおける軍事化に反対し、人権を要求する!

第四インターナショナル16回大会決議  第四インターナショナル一六回世界大会は、メキシコの由々しい人権状況について報告を受けた。その中には、シウダド・フアレッツやその他の都市と地方における女性ばかりを狙った殺人の持続のみ […]

第16回大会
スリランカ すべての政治囚の解放をメディアへの弾圧をやめろ

第四インターナショナル第16回世界大会決議  昨年五月、タミール人民の民族的闘争は、スリランカ政府によって全面的な敗北を喫した。「テロとの戦争」の産物だったこの敗北は、何年もの間闘われた民族解放闘争が被ったものとしては、 […]

第16回大会
新自由主義破綻のツケ回しに反撃する民衆的闘いの国際的連帯を!

第四インターナショナル16回世界大会決議  前号に引き続き本号では、第四インターナショナル第十六回世界大会で採択された決議のうち、ハイチ、気候変動に対するコチャバンバ会合、イラン、メキシコ労働者の闘争に関する連帯決議を以 […]

第16回大会
権利確立に向けたパレスチナ民衆の闘いを無条件に支持する

第四インターナショナル第16回世界大会決議  一年前イスラエル軍が敢行したガザ地峡に対する攻撃は、パレスチナ民衆の抵抗運動の破壊という、シオニスト政策の連続性の中に位置している。三週間にわたる激しい爆撃が引き起こした劇的 […]

第16回大会
第四インターナショナル第16回世界大会開催

 二月末、世界すべての大陸にわたる四十カ国の支部、支持組織、ゲスト組織からの二百人以上の代議員、オブザーバーなどの参加の下に、第四インターナショナル第十六回世界大会がベルギーで開催された。日本からは日本革命的共産主義者同 […]

第16回大会
第四インターナショナル第16回世界大会開催

 2010年二月末、世界すべての大陸にわたる四十カ国の支部、支持組織、ゲスト組織からの二百人以上の代議員、オブザーバーなどの参加の下に、第四インターナショナル第十六回世界大会がベルギーで開催された。日本からは日本革命的共 […]

第16回大会
気候変動とわれわれの任務決議草案

反資本主義的気候変動対応が唯一の道エネルギー消費、物質生産の大幅削減だけが問題を解決へ ダニエル・タヌロ 以下に、第四インターナショナル第十六回大会に正式議案として提出される、気候変動問題に関する決議案を掲載する。この文 […]

第16回大会
第四インターナショナル第16回大会国際情勢議案

資本主義システムの矛盾の爆発「恐慌」、大量失業、貧困の増大拡大するエコロジー的な災害 フランソワ・サバド  この報告は二〇〇九年十月十七日、第四インターナショナル執行ビューローへ、第四インターナショナル第十六回大会で討論 […]

日本支部関連
「かけはし」共同編集・発行にあたって

国際主義労働者全国協議会(NCIW)運営委員会日本革命的共産主義者同盟(JRCL)中央委員会  (1)  いま私たちは世界と日本の情勢の歴史的転換を迎えています。昨年来の戦後最大の金融・経済恐慌は、新自由主義的グローバル […]