ドイツ支部・アンゲラ・クラインからのメッセージ

国際社会主義左翼(internationalen sozialistischen linken/isl:第四インターナショナル・ドイツ支部) からのメッセージ

アンゲラ・クライン

同志の皆さん

 私は国際社会主義左翼(internationalen sozialistischen linken/isl:第四
インターナショナル・ドイツ支部) を代表してこのメールを書いています。
 われわれはあなた方が直面させられている三重の惨事について非常な痛恨の気持ちをいだき、また深く憂慮しています。ドイツのケルンやデュッセルドルフを中心とする地域には多数の日本人が住んでいるし、また多くのドイツ人が友人や類縁者を日本にもっています。
 しかし、強い政治的反応も認められます。ドイツにおいて、昨年、反原発運動の再生が始まっていて、この反原発運動は、日本で現に生起している事態を知ることによって、日ごとに力を増しています。昨日、ドイツの反原発運動は450の都市や町で10万人の人々を結集しました。先週、古い原子力発電所の即時閉鎖を要求する人間の鎖が南西ドイツで組織されました。ドイツに18の原子力発電所がありますが、昨年、ドイツの保守・リベラル政府はすべての原子力発電所の使用年限を8~12年間延長すると決めましたした。しかし現在、この決定は強力な反対に直面し、政府はこの決定について3ヵ月の実施延期を余儀なくされました。
しかし反原発運動は強力であり、少なくとも原子力発電所の閉鎖の期限が確定するまで後退するようなことはないでしょう。3つほどの原子力発電所は速やかに停止されるでしょう。
 われわれは日本からのニュースを注意深く追っています。しかし、人々が現在の事態にどのように反応し、またこの種の原発技術について鋭角的な問題の突き出しをしているのだろうかということについて、われわれにはよく分かりません。また都市に対する原爆投下による絶大な惨禍を被った国民が原子力を最も重要なエネルギー形態として受け入れるということは悲劇的なことのように思われます。
 以上のような問題を取り上げている有益な文献があれば、お教えください。われわれはそのような文章を自分たちの月刊誌で発表したいし、また『インターナショナル・ビューポイント』や『インプレコール』もそのような記事の掲載を大いに歓迎するでしょう。
 しかし、現在、この瞬間、このようなことをあなた方に要請できるだろうかということについて、私には何ともいえません。もちろん、そのようなことはこの時点において不可能であるかもしれませんが、われわれはあなた方に対する尊敬の念をいだきつづけます。
 あなた方がこのようなことについてどのように考えているか簡単にでもお知らせいただければ、非常にうれしく思います。
 あなた方の健闘を強く願っています ― 核のない世界のために共に闘いましょう。

 同志の挨拶をもって
 アンゲラ・クライン

Dear comrades,
I am writing You on behalf of the isl, the German section of the Fouth
International.

We wish to express You our deepest regret and also concern about the
threefold catastrophe You have to experience. Many Japanese people live
in the region around Cologne and Du”sseldorf and lots of Germans have
friends or even relatives in Japan.

But there is also a strong political response: We already had a comeback
of the anti-nuclear movement last year, and it is being fuelled now
every more day we learn what is happening in Japan. Yesterday the
movement had called for a memorial day, 100.000 people attended in 450
cities and smaller towns. The weekend before a human chain was organised
in the Southeast of Germany to call for the immediate turn off of the
older nuclear plants in Germany. Only last year, our
conservative-liberal government had decided to prolong the service life
of all nuclear plants (we have 17) by 8 to 12 years. Now this decision
is strongly challenged and the government had to announce a moratorium
of three month on that decision. But the movement is strong and it won’t
give up until at least a close term for their definite turning off is
decided. Some 3 plants will be shut off immediately.

We follow very closely the news coming from Japan. But it is very
difficult for us to understand, how people are reacting and if they pose
themselves more deepgoing questions about this kind of technology. Also,
it appears like a tragedy to us, that a nation which experienced so much
injury with the nuclear bombing of its cities could decide to make
nuclear energy its most important form of energy.

We would be very glad, if You could find the resources to write about
those questions. We would like to publish that staff in our monthly
paper, but I am sure, International Viewpoint and Inprecor would also be
eager to print it.

I am not sure, whether I can ask You for that in this moment – of
course, if it seems impossible to You, You have all our respect. Please
let us simply know what You think about it.

Our best wishes and all our hopes for You – let’s struggle together for
a nuclear free world.

Comradely Yours
Angela Klein

週刊かけはし

購読料
《開封》1部:3ヶ月5,064円、6ヶ月 10,128円 ※3部以上は送料当社負担
《密封》1部:3ヶ月6,088円
《手渡》1部:1ヶ月 1,520円、3ヶ月 4,560円
《購読料・新時代社直送》
振替口座 00290=6=64430  新時代社