何よりも女性が主体の確認を

さらに拡張しなければならない権利 「再生産の権利」

ナレ(社会運動委員会女性事業チーム)

コロナ19、女性に転嫁された再生産の危機ありのまま見せてくれ

 コロナ19事態が長期化し、韓国はもちろんのこと、全世界が混乱に陥った。特に家庭と職場で鳥肌が立つほどギリギリに維持されたケア領域がグラグラとふらついた。政府は、集団感染の事態を食い止めようと、2月27日から学校と保育施設、福祉館のような主要な公共・社会福祉施設の運営を中断した。以後約2~3週間の間隔で繰り返して休園措置を延長することも実施した。避けられない措置だったとすることができるが、子供をはじめ、多くのケアが必要な人々には厳しい時間だった。

 すぐに出勤しなければならない勤め人としての「私」と、親としての「私」の役割が衝突した。一方では勤め人としての「私」と個としての「私」の役割が衝突した。韓国女性政策研究院が発行した<ジェンダーレビュー> 2020年夏号に掲載された記事「コロナ19と児童ケアの争点」を見ると、今年3月末に小学3年生以下の子どもを持つ主養育者(父又は母)を対象にオンライン調査を実施した結果、「施設などには通わず、主に家庭内養育をしている」という回答が73・3%に達した。次いで「祖父母や親戚に助けを受けた」が24%となった。子供に対する親の直接ケアが圧倒的で、祖父母・親戚の助けと緊急ケア利用が主なサポートシステムとして機能した。

 一方、職場でのサポートシステムは、あまりにも弱い。ケア支援制度の使用割合は、かなり低かった(育児時間支援18・3%、家族ケア休暇15・8%など)。これとは別に、在宅勤務は36・1%、無給休暇も22・4%で、ケア空白を埋める努力がまだ個々の家庭では、特に主養育負担者として女性に負わされていることが分かる。

 一方、ケア労働者の大多数は女性である。今回コロナ19が浮上させた危機は、ケアが必要な個人の問題で終わらなかった。様々なケア機関がその機能を停止すると、社会全体が危機に直面した。やっと初めて社会がケアの価値に関心を持ち始めた。しかし、実際のケアを担当しているケア労働者の労働条件は、雇用・賃金・健康上の問題に至るまで、深刻な水準だ。パンデミック渦中でも、危険を冒して、緊急ケア教室を運営することも、女性労働者のやるべきこととして残った。家庭での再生産も、社会での再生産も女性が負担している状況で、コロナ19で切迫した再生産領域の危機は女性に回された形となった。

再生産の市場化

 社会で生産を問題なく成り立たせようとするのであれば、人間の労働力が安定的に再生産されなければならない。そうしたければ、基本的に衣食住に問題があってはならない。成長期に必要な栄養素をまんべんなく摂取して管理することはもちろんのこと、清潔で安全な空間で睡眠もとって生活することができなければならない。また、生涯のサイクルに合わせて必要なときに適切な教育も受けなければならないし、健康を害したり、年老いた時は治療や介護も受けなければならない。

 このように、住宅・栄養・教育・医療など適材適所ですべての要素をうまく備えることができて人間の労働力を安定的に再生産することができる。再生産労働は状況と条件に応じてどのような形態としてでも遂行される。このような再生産労働が行われる所を再生産領域とするが、これを主に担当しているのはまさに女性だ。過去から現在まで再生産労働の責任と負担は、女性が担ってきた。これは「女性の(身体的)特性」という美名の下で性の役割として規定される。「母」という名前で、「妻」の名前で、「娘」の名で「当然すべきこと」としているからだ。しかし、いざ、これらの再生産労働は、どのような形態としてでも、その価値が認められない。

 一方、再生産の危機で重大な問題の一つは、人口減少だ。労働可能な人口が減少すると、総資本の立場からも利益が減る。人口の高齢化と低出生の深刻化は、資本への直撃弾だ。2019年、統計庁が発表した「世界と韓国の人口現況と展望」によると、2017年に「高齢社会」に入った韓国は、世界で最も急速に高齢化が進行中で、約50年後の2067年には65歳以上の人口の割合が47%まで急増する。低出生問題とも連動して、15~64歳の生産年齢人口は、2067年に45・4%まで低下という展望だ。

 これら再生産の危機は、資本にとっても危機であるために消極的措置だけでは限界があるということを彼らもわかっている。韓国でも2012年の大統領選挙を前後して福祉をめぐる議論が活発になった。ケアを個人の責任としてだけで先延ばしすることができなくなったのだ。生産可能人材はどのようなやり方をしてでも労働市場に参入させることが必要だった。そのため無償給食、保育費支援、障害者活動支援、高齢者療養保険など児童・高齢者・障害者のようにケアを必要とする脆弱層を対象に国家支援が開始された。

 しかし、このようにケアを社会化する過程は、徹底して市場主義的に行われた。コストを削減するために、女性労働者を時間制で雇うことや不安定雇用で採用し、民間仲介機関を置いて「手数料」の名目で労働者の賃金をはがしたりもした。最近、ムン・ジェイン政府から「社会サービス院」を設立して、自治体が運営に責任を持つようにしようと言ってきたが課題が山積である。とりあえず、いくつかの地域に限定されており、これさえも民間機関の力が強大な状態だ。また、市場化方式を固守しケアが必要な人々と労働者に費用と責任を負わせている。

女性の妊娠・出産の統制


これと一緒に見ておかなければならない問題は、女性の主要再生産の領域である妊娠と出産を果たして誰が統制しているのかという点である。資本主義は、生産と消費を可能にする人口を維持するために、女性の妊娠・出産を統制しようとしている。「女性」の必要によってではなく、「資本」の必要に応じて、妊娠と出産をコントロールして、その過程で、女性の労働権と健康権は無視される。徹底して国家の人口政策に基づいて統制されたものだ。

 例えば、1960~70年代には人口増加を抑制するために、「家族計画事業」を政府が率いたのに対し、2000年代に入って少子高齢化の問題が深刻化すると、それまで死文化していた「堕胎罪」を復活させた。中絶の取り締まりを実施する一方で、妊娠中絶手術医療関係者に対する告訴告発運動まで行われた。今もまだ国の人口政策で女性の健康と労働の問題は排除されている。その結果、健康と生命の危険への負担は完全に女性が担うことになる。

 それでも政府の解決意志は見えない。去る1月、政府は「汎省庁人口政策タスクフォース(TF)」2期(2019年に1期TFを構成)を設け、「生産年齢人口の減少に対応」するとして△青年・女性・外国人人材活用方案△高齢者向け産業の育成方案△地域社会の遊休インフラ活用方案などを中心に対策を議論することが分かった。しかし、このような対策はむしろ、低出生状況の核心原因が何であるかを見えなくする。

 さらに、青年・女性・高齢者・移住労働者の多くが低賃金―不安定雇用から抜け出せないのが現実である。女性労働者の社会・経済的条件は無視しながら「安い労働力」として片付けて活用方案を模索する観点が変わらない限り、低出生状況は改善されることはない。

 さらに、堕胎罪の問題を解決しようとする努力も遅々として進まない。昨年4月には、刑法の妊娠停止処罰条項が憲法不合致判定を受けた。しかし、21代国会ではまだこの決定を裏付ける刑法改正案が一件も発議されなかった。その間、女性の健康権および性と再生産の権利は継続して侵害されている。去る5月には、無許可の中国産中絶薬を購入した人が300人に達するという事実も明らかになった。女性は望まない妊娠をしたり、養育が不可能な状況でも、妊娠を維持するように強要され、それができない場合は、安全が保証されていない違法な手術を選択することにより、危険にさらされるのと同時に犯罪行為になる非自発的選択状況に追い込まれる。

家庭から職場まで、再生産権利の再構成が必要だ


女性の体は女性自身の体であるが、本物の権利と自律性の両方とも剥奪される。月経、避妊、妊娠、妊娠停止、出産、育児のように、女性の生活と体に基づいて行われるすべての過程で、女性自ら自分の体の選択から疎外される。女性の妊娠と出産、育児は女性にとって「当然の義務」で、性的役割として強制される。このように再生産領域で、女性本人が影響力を行使していない状況は、女性の身体的・精神的・社会的健康に否定的な影響を与えている。女性の自分の体に対する選択権と自律性を回復しなければならない。

 一方、「女性の役割」として規定された妊娠と出産、育児を理由に労働市場での差別も強化されている。「キャリアが断絶されたため」、「前に比べて生産性が良くないので」、「女性が元いた仕事をするので」、等あらゆる理由で差別が当たり前になる。社会的に再生産労働の価値を正しく認められなければ、再生産の危機は引き続き「私的な問題」として、特に女性の責任として片付けられるだろう。これは、労働市場で家事労働やケア労働の価値認定問題とも連動されるので、核心的な事案だ。

 これに加えて、再生労働を個別の家庭や女性個人の負担として背負う構造を打破しなければならない。再生産労働は社会的に必要な労働であり、したがって、これを社会がどのように先に責任を負うのかについての議論が急がれる。

 再生産労働は、私たちの日常と労働が調和して一つにすることができるようにしてくれる核心的問題である。そのため、再生産の権利は、より進展しなければならず、すべてを権利として再構成しなければならない。その領域を職場まで拡張しなければならないのはもちろんである。まだ月経、避妊、妊娠、妊娠停止、出産、育児の問題をまるで職場とは分離された問題のように扱う傾向がある。すなわち「女性の特殊な問題」や「個人の責任」というものだ。これは、女性に対する差別を正当化して性別分業を強化する反動として機能することもある。

 しかし、女性のライフサイクルに関連する要素は、女性の体と生活に大きな影響を与えることなので、決して個人的な問題として片付けてはいけない。再生産権は、女性の労働権と健康権のための権利として再び議論されなければならない。何よりもこのあらゆる過程で女性が手段や対象ではなく、再生産労働に対する必要な権利を要求することができる主体として立ち上がることができなければならない。(社会変革労働者党機関紙「第111号」)

The KAKEHASHI

購読料
《開封》1部:3ヶ月5,064円、6ヶ月 10,128円 ※3部以上は送料当社負担
《密封》1部:3ヶ月6,088円
《手渡》1部:1ヶ月 1,520円、3ヶ月 4,560円
《購読料・新時代社直送》
振替口座 00290=6=64430  新時代社