8.6ヒロシマ平和へのつどい2021

核兵器・原発のない社会を
よびかけ
被爆・敗戦76年 ヒロシマから、生物多様性と脱軍備をキーワードに社会変革を

 菅自民党・公明党政権はIOCと共にCOVID―19パンデミックのさ中に「利権の祭典=東京五輪」強行開催に向かっています。様々な学校行事が中止になってきた経験上、小中学生でもその大きなイベント実施の危険性を理解しています。その子どもたちを上限観客数とは別に90万人動員しようとしているのです。7月22日からの4連休を皮切りに、感染症は残念ながら爆発的に拡大します。東京五輪発の大惨事が日本列島社会を襲うかもしれません。mRNAワクチン頼みという無力で無責任な体制が人民の命と健康と生活を破壊しようとしています。
 このような見通しの中で、8・6広島、8・9長崎、8・15敗戦の日を迎えます。最大限の警戒心を持ちながら、集い、行動することを訴えます。

呼びかけ文

沖縄戦、広島・長崎に対する原爆による爆撃、日本の敗戦から76年を迎えます。
「パンデミック、核兵器・原子力、地球温暖化」=人類・生態系の危機にどう立ち向かうのかが今、問われています。
 パンデミックと核攻撃の共通性は、あらゆる人が無差別に侵される可能性がありながら、実際には社会的弱者に被害が集中するという現実です。
 私たちは、日本軍国主義によるアジア太平洋侵略戦争の加害責任、アメリカ軍・産・学複合体制による広島・長崎への原爆無差別大量虐殺の加害責任を追及し続けてきました。また、民主主義と共存しない天皇制を維持したアメリカの被占領国家として始まった「戦後民主主義」の問題点を追及し続けてきました。
さらに、被爆の体験から、「核絶対否定」の主張を一貫して訴え続け、女川原発・伊方原発・島根原発・豊北原発・上関原発をはじめとするすべての原発に反対し行動し続けてきました。
 50年前から続いている「地球温暖化」という危機が地球生態系を脅かし続けています。
 「パンデミック、核兵器・原子力、地球温暖化」の3つの問題が明白に示していることは、生態系システムの破壊が現代世界の危機の根底にあるという客観的事実です。
 資本主義は壁にぶつかっており、地球市民が公平で共存できる社会への転換が今、求められています。
私たちは、長崎・福島・沖縄、朝鮮半島・アジア、中東の民衆と連帯し、立憲主義・民主主義・平和主義に立脚して、地球環境の生物多様性を尊重し、全ての生命とその尊厳が守られる社会を実現し、核兵器をはじめ、すべての軍備を撤廃することを、被爆・敗戦・核時代76年を迎える被爆地ヒロシマから訴えます。

第一部 問題提起

 「被爆・敗戦76年 ヒロシマから」

西岡由紀夫(にしおかゆきお)さん(広島県高等学校被爆二世教職員の会会員)

 「ミャンマー(ビルマ)市民の反クーデター・民主化を求める運動から日本に住む私たちが問われている事」

小武正教(おだけしょうきょう)さん(ミャンマー(ビルマ)市民の訴えを聞く会 事務局、メラウーキャンプ教育支援の会 代表)

 「イスラエルの世界標準化に抵抗する」

田浪亜央江(たなみあおえ)さん(中東地域研究)

 「2021年 朝鮮半島をとりまく情勢 朝鮮半島の非核化・キャンドル革命」
  尹康彦(ゆんがんおん)さん(在日韓国民主統一連合広島本部副代表委員)

 「日本の社会におけるウリハッキョ=朝鮮学校の意味」

朴忠奎(ぱくちゅんぎゅ)さん(広島朝鮮初中高級学校卒業生、広島朝鮮高級学校高校無償化裁判原告、在日本朝鮮青年同盟広島県本部副委員長)

第二部 記念講演


 「生物多様性、脱軍備をキーワードに社会変革を」

 講師 湯浅一郎さん(ピースデポ代表)
 プロフィール: 辺野古土砂搬出反対全国連絡協議会顧問、オスプレイと飛行訓練に反対する東日本連絡会代表世話人、環瀬戸内海会議共同代表。専門は海洋物理学、沿岸海洋環境学。著書に『海の放射能汚染』、『原発再稼働と海』、『平和都市ヒロシマを問う』、『科学の進歩とは何か』など。東京都小金井市在住。

◦8月5日(木)18時~20時
◦場所 広島市まちづくり市民交流プラザ研修室北棟5階研修室ABC(広島市中区袋町6―36)
◦参加費 1000円(学生、障がい者無料)

◦事前予約制(100人)
 参加ご希望の方は7月31日までに下記のメールアドレスまで名前、住所、電話番号、メールアドレスを付記してお申し込み下さい。定員に達し次第、締め切ります。

 *新型コロナウイルスの感染状況によっては、会場や内容が変更になる可能性があります。その場合は、ホームページでお知らせいたします。

◦申込連絡先(事務局):
広島市中区堺町1―5―5―1001
電話 090-4740-4608 FAX 082-297-7145
E-Mail 86tudoi.hiroshima@gmail.com
http://8-6hiroshima.jpn.org/tudoi/2021/2021.html

関連行事

8月6日(金)の行動日程


7:45 グラウンドゼロのつどい(原爆ドーム前)

8:15 追悼のダイイン(原爆爆ドーム前)

8:30 「8・6広島デモ」(原爆ドーム前~中国電力本社前)

9:30 脱原発座り込み行動(中国電力本社前)

★呼びかけ人(2021年6月20日現在)

浅川泰生(ジャーナリスト)/足立修一(弁護士、核兵器廃絶をめざすヒロシマの会共同代表)/石口俊一(弁護士、戦争させない・9条壊すな!ヒロシマ総がかり行動実行委員会事務局長)/上羽場隆弘(九条の会・三原)/大月純子(福島原発告訴団・中四国事務局)/岡原美知子(日本軍「慰安婦」問題解決ひろしまネットワーク事務局長)/小武正教(念仏者九条の会)/郭文鎬(在日韓国民主統一連合広島本部代表委員)/岸直人(教科書問題を考える市民ネットワーク・ひろしま)/木原省治(原発はごめんだヒロシマ市民の会代表)/木村浩子(呉YWCA We Love9条)/久野成章(環境社会主義研究会)/久野満康(戦争させない・9条壊すなヒロシマ県北行動)/児玉繁信(ロラネット(元フィリピン慰安婦支援ネット・三多摩))/坂田光永(市民SOHO蒼生舎)/佐々木孝(第九条の会ヒロシマ)/実国義範(平和を創造する市民ネットワーク)/島村眞知子(日本基督教団西中国教区基地問題特別委員会)/竹本和友(ピースサイクル広島事務局)/伊達工(ピースサイクル全国共同代表)/谷元絢子(ふりーすぺーす風や)/田村順玄(あたごやま平和研究所代表、ピースリンク岩国世話人)/月下美孝(広島市キリスト教会連盟会長)/坪山和聖(日本軍「慰安婦」問題を考える会・福山)/土井桂子(日本軍「慰安婦」問題解決ひろしまネットワーク)/長尾眞理子(呉YWCA会員)/中峠由里(呉YWCA We Love9条)/永冨彌古(一般財団法人呉YWCA代表理事)/難波郁江(広島YWCA代表理事)/西岡由紀夫(ピースリンク呉世話人)/西浦紘子(日本基督教団西中国教区基地問題特別委員会委員)/西嶋佳弘(日本基督教団広島牛田教会牧師)/新田秀樹(ピースリンク広島世話人)/日南田成志(ZENKO〈平和と民主主義をめざす全国交歓会〉・広島)/平岡典道(ピースリンク広島・呉・岩国)/平賀伸一(広高教組平和教育推進委員長)/藤井純子(第九条の会ヒロシマ)/藤本講治(憲法を守る広島県民会議事務局長)/牧野邦久(日本基督教団西中国教区基地問題特別委員会委員長)/三嶋研二(郵政産業労働者ユニオン)/三島弘敬(竹原三原産廃問題を考える会代表)/溝田一成(脱原発へ!中電株主行動の会)/村田民雄(市民運動交流センター(ふくやま)代表)/山内正之(大久野島から平和と環境を考える会)/山田延廣(弁護士、広島3区市民連合代表幹事)/山田禮正(人民の力山陽協議会)/横原由紀夫(広島県原水禁元事務局長)/吉田正裕(東北アジア情報センター運営委員)/湯浅一郎(ピースデポ代表)

★賛同団体 (2021年6月20日現在)
ピースリンク広島・呉・岩国/第九条の会ヒロシマ/東北アジア情報センター/人民の力協議会/環境社会主義研究会/在日韓国民主統一連合広島本部/ピースサイクル全国ネットワーク/郵政産業労働者ユニオン中国地方本部/日本基督教団西中国教区基地問題特別委員会

週刊かけはし

購読料
《開封》1部:3ヶ月5,064円、6ヶ月 10,128円 ※3部以上は送料当社負担
《密封》1部:3ヶ月6,088円
《手渡》1部:1ヶ月 1,520円、3ヶ月 4,560円
《購読料・新時代社直送》
振替口座 00290=6=64430  新時代社

前の記事

「総がかり行動」が国会前集会