あいば野現地集会

6.27 先制攻撃の日米軍事演習やめろ 改憲阻止

 【大阪】平和フォーラム関西ブロック・2021あいば野に平和を!近畿ネットワーク主催のあいば野現地集会が6月27日、滋賀県高島市近江今津の今津住吉公園で開かれ、100人の市民が参加した。

住民に抜き
打ちの訓練
 今回の日米合同軍事演習は6月18日から7月11日にかけて、あいば野演習場を含む日本国内7カ所の陸上自衛隊と米軍施設を利用して行われるもので、「オリエント・シールド21」と命名されている。集会決議によると、陸上自衛隊1400人、米陸軍1600人が参加する、過去最多規模の演習だ。米軍の高機動ロケット砲システムと陸上自衛隊の多連装ロケットシステムを矢臼別演習場に配置して行われる。近畿では、伊丹駐屯地・経ヶ岬分屯基地・米軍経ヶ岬通信所(Xバンドレーダー)も利用されるという。
 あいば野演習場での合同訓練は18回目だ。今回の訓練は、先制攻撃を実際に行うことを目的にした大がかりな実戦訓練であり、サイバー・電磁波・宇宙の各領域での日米の連携強化も目的だという。今回の訓練は、公表から開始までわずか1週間しかなく、防衛省は地元自治体や住民を無視し抜き打ち的な対応をした。6月23日には、陸上自衛隊あいば野演習場からの120ミリ迫撃砲弾が敷地境界を越えて西に1キロ離れた木をえぐり、住民に恐怖を与えた。陸自の訓練中の誤射は6年間で4度目である。原因究明のため、実弾演習は中断しているようだが、演習そのものを中止すべきだ。

 年間で 度
も誤射起きた
 集会は、佐賀春樹さん(滋賀県民平和人権運動センター事務局長)の司会で進められた。西川徹二さん(平和フォーラム関西ブロック議長)と野坂昭生さん(2021あいば野に平和を!近畿ネットワーク代表)が主催者あいさつ。前段で自衛隊に申し入れをした。住民に周知せず、住民の安心・安全そっちのけで軍隊丸出しの姿で演習が始まった。この6年間で4度も誤射事故が起きている。政権の戦争する国づくりを許さず、反戦・平和・人権等の問題ではコロナ禍でも継続していかなければいけないと訴えた。
 連帯のあいさつは、近藤賢さん(フォーラム平和・人権・環境事務局次長)、永井友昭さん(米軍基地建設を憂う宇川有志の会)が行った。2015年戦争法の強行成立以降、軍事演習が質的に変化し、明らかに先制攻撃を目的にしたものになってきている。オリエント・シールド21の経ヶ岬バージョンは6月25日から始まり、福知山陸自から100人が参加している。Xバンドレーダー基地の2期工事は5月中旬に完成した。経ヶ岬は危惧したように、軍事情報の要塞になってきた。夏には軍人が入ってくることになっている。重要土地利用規制法により、そばにいるだけで規制される可能性がある。ますます監視が重要になってきたとの決意があった。

「尖閣・台湾」
有事あおるな
 また、山城博治さん(沖縄平和運動センター議長)と嘉田由紀子参議院議員からのメッセージが伝えられた。尖閣と台湾有事を名目に、この9月には14万人規模の軍事訓練が沖縄で計画されている。許しがたい県民への冒涜だ。列島まるごとが軍事利用され、米国の戦争のための戦場にされることに断固反対する。日米関係の見直しを図っていこう、との訴えだった。

中国敵視政策と
連動した軍事演習
 決意表明は内海善夫さん(滋賀県教職員組合委員長)と中北龍太郎さん(しないさせない戦争協力・関西ネットワーク共同代表)が行った。教職員組合の立場から、今こそ平和・人権学習を進めていかなければいけない。民間資金で建てられ、民間が運用している県教育会館の明け渡し訴訟で、裁判所が県の裁量権を認めたことに断固反対して控訴審を闘う。4月の日米首脳会談で対中国包囲網・中国敵視政策が確定した。あいば野合同演習もその現れだ。今後ますます日米軍事一体化が強化されていくだろう。いざ、となれば沖縄・南西諸島は第2の沖縄戦に見舞われる。そうなることは絶対許さず、憲法9条をいかした闘いを進めていこうと訴えた。
 集会決議案を白井美喜子さん(米軍Xバンドレーダー基地反対京都連絡会共同代表)が提案し全員で確認した。その後、演習場ゲート前経由で近江今津町の町中をデモ行進した。

軍事演習抗議の
申し入れ行動
 集会にさきだって、主催団体の「フォーラム平和関西ブロック」議長・西川徹二さん、「2021あいば野に平和を!近畿ネットワーク」代表・野坂昭生さんなど中心に、しないさせない戦争協力関西ネットワークなど近畿一円からの参加者を含めて約10人で抗議申し入れを行った。
 野坂さんや西川さんは、直前の23日、あいば野演習場から発射された120ミリ迫撃砲弾が基地外に落ち飛び出したこと、演習規模が過去最大(陸上自衛隊1400人、米陸軍1600人)であり訓練公表がわずか1週間前だったことなどに強く抗議した後、申し入れ書を読み上げ司令室職務室三谷智美室長に手渡した。
 基地までの道々、異常に多くの機動隊がつじつじで規制に就いているのが目立った。    (T・T)

週刊かけはし

購読料
《開封》1部:3ヶ月5,064円、6ヶ月 10,128円 ※3部以上は送料当社負担
《密封》1部:3ヶ月6,088円
《手渡》1部:1ヶ月 1,520円、3ヶ月 4,560円
《購読料・新時代社直送》
振替口座 00290=6=64430  新時代社

前の記事

沖縄報告