7・16武蔵野「聖火」セレモニー弾圧を許さない! 武蔵野署は今すぐ仲間をかえせ!

呼びかけ

 7月16日、東京オリンピック「聖火」点火セレモニーを武蔵野競技場で強行した。「五輪中止」の声が高まる中、このセレモニーに対して抗議行動を行った仲間を国家権力は不当逮捕した。救援会は救援カンパ(転載)を訴えている。支援・連帯していこう。(編集部)

 コロナ感染の拡大が深刻化し、新規感染者は増加の一途です。世界でも、ワクチンが回ってこない地域で感染が深刻化しています。そのような状況にもかかわらず、私たちの命と生活を犠牲にしてまでも、日本政府、東京都はオリンピック開催になりふり構わず突き進んでいます。またIOCバッハ会長は「多少の犠牲を払っても開催する」と豪語しました。
 一方で、7月13日に調査会社イプソスが発表した米国やフランスなど28か国を対象に実施された世論調査によれば、日本では約8割の人たちが、世界全体でも半数以上の人びとが、パンデミックが終わってないのに東京オリンピックを開催すべきでないと答えています。また日本全国では様々な抗議行動が日に日に増えています。

7・16武蔵野「聖火」 
警察犬まで出動した過剰警備のなか逮捕を強行

 2021年7月16日には東京オリンピックの「聖火」の点火セレモニーが武蔵野競技場(武蔵野市)で行われましたが、ここでも人びとは抗議の声をあげました。会場は警察による過剰な警備によって取り囲まれ、警察犬までが出動する異様な事態のなか、市民は排除されて「聖火」セレモニーは行われました。警察は一体何を守っているのでしょうか。
 そのような中で、「オリンピック中止」を訴え抗議を行った仲間1名が、過剰警備の警察官によって体を押さえ込まれ、「威力業務妨害」で逮捕されてしまいました。仲間は、この間も、オリンピックをやめろと訴えてきました。それは多くの人びとがこれほどまでに「命を犠牲にするオリンピックをやめてほしい」と訴えてきたにもかかわらず、日本政府、東京都、IOCがなりふりかまわずオリンピックを強行しようとしてきたからです。

救援カンパを!オリン
ピックの即時中止を!

 仲間は、いま武蔵野署に留置されて「取り調べ」と称した警察の嫌がらせを受けています。孤独な獄中での闘いには、たくさんの皆さんがこのオリンピック弾圧へ支援を寄せてくださることが何よりの力となります。
 弁護士費用、反撃のための救援カンパを寄せてください。救援会が呼びかける行動に参加してください。そしてオリンピック中止のための行動をともに進めていきましょう!
 警察はいますぐ仲間をかえせ!命を犠牲にするオリンピック即刻中止!
   2021年7月18日

7・16武蔵野「聖火」セレモニー抗議弾圧救援会
連絡先/
noolympicgames@gmail.com

【救援カンパ振込先】郵便振替00150-8-66752(口座名:三多摩労働者法律センター)

※「7・16弾圧救援カンパ」と通信欄に必ず明記ください。

週刊かけはし

購読料
《開封》1部:3ヶ月5,064円、6ヶ月 10,128円 ※3部以上は送料当社負担
《密封》1部:3ヶ月6,088円
《手渡》1部:1ヶ月 1,520円、3ヶ月 4,560円
《購読料・新時代社直送》
振替口座 00290=6=64430  新時代社