愛知選挙区からの報告

「政権交代」に程遠い結果
問題は山積みのまま

 【愛知】今回の愛知選挙区の選挙では、野党系は当初の予想通り2区(国民)、3区(立憲)、12区(立憲)が小選挙区当選を果たした。一方で接戦が予想された4区、8区、13区では、4区、8区、で自民が小選挙区当選、13区のみが立憲の小選挙区当選となった。立憲の枝野代表が支援のために入った4区、5区、8区、9区、14区では、いずれも立憲の議員が小選挙区落選をしている。いくつかの区で野党候補の比例復活が見られたものの、「政権交代」には程遠い結果となった。

トヨタ系前職の
不出馬が映す陰
 今回の愛知における衆議院選で特に注目を集めたのは、旧民主党系の常勝選挙区愛知5区での自民党の小選挙区当選、全トヨタ労働組合連合会の支援を受けてきた古本伸一郎前衆院議員(愛知11区)が衆院選不出馬を決めたことであった。
 愛知5区では元衆議院副議長の赤松広隆氏の後継の立憲の候補の比例当選もなかった。また新たに選挙区に投入された維新の候補が比例当選を果たした。
 今回の古本伸一郎前衆院議員の不出馬の背景には、製造業における環境問題における全トヨタ労働組合連合会と与党との関係強化がある。旧民主党の「本丸」とされてきた愛知県において、愛知の製造業の環境問題における政策の転換がもたらす今後の政治情勢の変貌は重大な意味が含まれ、今後大いに憂慮される。また共産党とそれ以外の野党間との連携のゆるさ、あるいは反発や分断が今回の結果をもたらしたと言える。
         (山本)

週刊かけはし

購読料
《開封》1部:3ヶ月5,064円、6ヶ月 10,128円 ※3部以上は送料当社負担
《密封》1部:3ヶ月6,088円
《手渡》1部:1ヶ月 1,520円、3ヶ月 4,560円
《購読料・新時代社直送》
振替口座 00290=6=64430  新時代社

次の記事

寄稿 総選挙結果/新潟県