アフリカ・中東

アフリカ・中東
「スーダンの友」か「軍事独裁体制の友」か

国際的な外交が軍事独裁と共謀ポール・マーシャル  国連、西側諸国、およびすべての石油首長国は今、スーダンに文民と軍人から構成される政府を確立するために、何の外交的努力も与えていない。彼らは民衆の意志に逆らっているのであり […]

アフリカ・中東
スーダン抵抗委員会、下からの革命

真の参加型民主主義へ挑戦開始 ハマド・ガマル、サラ・バチェレリー  抵抗委員会は、地域委員会としても知られ[訳注]、スーダンにおいて、クーデターに反対する現在の動員の中心的な役割を担っている。それらは、スーダン革命の主要 […]

アフリカ・中東
アルジェリアPSTに活動停止命令

2022年1月21日 アルジェリア社会主義労働者党(PST)全国指導部  高まる抑圧を背景に、またあらゆる見通しに逆らって、国家評議会は1月20日、われわれの党活動の一時停止とわれわれの建物の閉鎖を命じた。これは、多党制 […]

アフリカ・中東
スーダン 抵抗へ 即座にオンライン・フォーラム

当地革命派との連帯組織化をテンペスト共同  テンペスト共同は、この重要なイベントで、「アフリカはひとつの国」、反逆者、DSA(アメリカ民主的社会主義者)の社会主義者とカラーコーカス社会主義者、「底辺からの国際主義」、「ニ […]

アフリカ・中東
スーダン クーデター糾弾

権益死守の策動に民衆が反撃ポール・マーシャル  アブデル・ファター・アルブルハン将軍はまさに、オマル・アルバシルを打倒した2018年革命から帰結した移行過程に終止符を打った。このクーデターには、抗議活動参加者、反対派活動 […]

アフリカ・中東
チュニジア大統領がクーデター

「春」ははるかに過ぎ去りジョセフ・ダヘル 大統領による政府・議会否定 今年7月25日、チュニジア大統領のカイス・サイエドは政府を解任し議会を停止にし、例外的な権力を彼自身のものとした。これらの方策は、2011年の独裁者ベ […]

アフリカ・中東
イラン 危機の中の新たな波

ストライキに続く大衆的抗議フリーダ・アファリー  イランは今、経済的、社会的、環境的、また公衆衛生の諸問題が人口の大多数に生きるに必要な最低限のものをもつことを不可能にしている中で、大衆的抗議とストライキのもうひとつの波 […]

アフリカ・中東
アルジェリア デッチ挙げ議会選

民衆は投票拒否で不信任を表明カメル・アイッサト  6月12日の議会選は、2019年12月12日の大統領選同様、体制の継続に向けた通路に実効性をもたせるものだ。というのも、2月22日運動(2019年のこの日始まった反独裁の […]

アフリカ・中東
イスラエル ネタニヤフ、終わったのか?

行く末の不透明さはなお続くドミニク・ヴィダル  イスラエルではネタニヤフがついに政権を失い、異種混交的なある種奇怪な政権が成立した。この政権の右翼的で、パレスチナ人抑圧の性格は明確だ。現に政権成立から間を置かず、ガザに対 […]

アフリカ・中東
パレスチナ 何も解決していない「休戦」

確実なことは決起の継続ジュリアン・サリンゲ  エジプトとカタールの仲介を経て、イスラエルとガザ回廊間での一定の休戦が5月21日に確定した。ガザの民衆がもはや爆撃下に置かれていないということは明らかに歓迎されるが、何ごとも […]

アフリカ・中東
パレスチナ 全域的に拡大した決起

「解放」が合理的な議論の主題に民衆が闘争に転換点を印したウィッサム・アル・ハイ  1936年の大ストライキ以後、パレスチナ人はこれまで、今回起きているような広さと強さと同じ程の民衆による集団的行動を経験したことがなかった […]

アフリカ・中東
トルコ

党国家とマフィア国家ウラズ・アヴディン 悲惨極まる感染対処策 「ポスト・エルドアン時代に向けトルコは準備ができているのか?」。 2年後の――正常であれば――次期議会選と大統領選に対して、さまざまな評論家と政治観測者によっ […]