アフリカ・中東

アフリカ・中東
各国の権力者が全戦線でクルド抑圧を激化New!!

ミレイレ・クート  トルコ国境に近い、クルドにはバスルとして知られるイラク北西部のクルド地域では、戦争がこの数年猛威をふるい続けてきたが、この数ヵ月それは激しさを強めてきた。 KDP(クルディスタン民主党)のペルシュメル […]

アフリカ・中東
イラン/イスラエル 攻撃の応酬にひそむ危険

テヘランは窮地に追い込まれた イスラエルの領事館攻撃は挑発 ジルベール・アシュカル  以下では、ロンドン大学オリエンタル・アフリカ研究学部教授でレバノン系フランス人研究者のジルベール・アシュカルが、ダマスカスの領事館に対 […]

アフリカ・中東
クルディスタンCDK―F活動家に聞く

クルドやアルメニア人にとってエルドアン政権は極めて危険 我々が先導するこの革命は女性の革命だ  クルディスタンは、どんな地図にも表示されていない国だ。しかしそれにはそうであっても、シリア、トルコ、イランの間に暮らしている […]

アフリカ・中東
モロッコ オアシスの町でも女性が決起

共有財――水――は渡さない ルイザ・トスカーヌ  アルジェリア国境に位置するフィギッグでの蜂起は、2023年10月末に始まった。その時町議会で当局は、水と電力の配送、またその処置と下水施設の扱いを目的にした自治体間集団の […]

アフリカ・中東
イスラエルと帝国主義共謀の暴虐とどう闘うか

ジルベール・アシュカルへのインタビュー パレスチナ人の自己決定の権利のために、また中東からの帝国主義諸勢力撤退のために  次々に続く恐怖の下で、しかしまた相当な連帯の決起とパレスチナでの相当な抵抗を伴って、ガザでの戦争が […]

アフリカ・中東
サヘル ECOWASの動揺

軍事クーデターが連続 ポール・マーシャル  西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)の経済制裁の対象となったサヘルの3カ国(注)は、それらの住民に対しそれが及ぼす有害な役割を批判しつつ、この経済連合から離れようとしている […]

アフリカ・中東
トルコ マシス・キュルチェギルへのインタビュー

帝国主義的野心で個人化された対外政策は一層矛盾広げ弱体化 ルール不在がこの体制の明白な基本的性格  トルコは2000年代に入ってから、NATO同盟国としてはかなり性格の異なる政治行動を重ね、世界の地政学にも少なくない影響 […]

アフリカ・中東
イスラエルによるガザでの大量虐殺戦争が中東に与える影響

2024年1月20日    ジョセフ・ダハー  本論文は、米・社会主義者による雑誌『AGAINST THE CURRENT』に1月15日付で掲載されたものである。著者のジョセフ・ダハーは、スイス系シリア人の学者、活動家。 […]

アフリカ・中東
アルジェリア カメル・アイサットに無罪!

連帯と決起が勝利得る 共闘団体共同声明  ベジャイアの判事が、カメル・アイサット教授にはベジャイアのウィラヤのタラ・ハムザ亜鉛と鉛の鉱山の件におけるあらゆる起訴に関し、無罪が言い渡される、と決定したばかりだ(訳注)。 民 […]

ウクライナ
シオニストの植民地戦争とその共犯者

世界が目撃する人道に対する犯罪 ジルベール・アシュカル ジェノサイド戦争が明白な真実  真実は、ガザに対する現在の攻撃が、国際法の分類におけるふたつの人道に対する犯罪、大量殺害と「民族浄化」を含むもっとも鮮明な形態におけ […]

アフリカ・中東
モロッコ IMF・世銀サミットに対抗サミット

帝国主義の諸機構に反対する民衆の政治的推力再生に貢献 新植民地主義的破壊の79年、もうたくさんだ アントーヌ・ラッラケ  2023年9月8日、マグニチュード7の地震がマラケシュ周辺の地域と隣接する町々を襲った。それはモロ […]

アフリカ・中東
イスラエル ネタニエフは思い上がりの対価を払わざるを得ないだろう

ミシェル・ワルショウスキー  50年前、イスラエル軍はエジプトとシリアの攻撃に驚かされ、数千人の兵士が犠牲になった。この攻勢を変えるには数週間かかった。しかし1973年の戦争は、今後ある種の敗北として歴史に残るだろう。  […]