アラブ

EU
移民 EUとリビア(9月13日号)

移民阻止の暴力で協力 2021年8月8日 ランティカピタリスト編集部  アムネスティ・インターナショナルは10日前に公表された報告で、ひとつの調査を基礎に、移民問題対処としてリビアと共同して行っているEUの恥知らずな政策 […]

アフリカ・中東
パレスチナ 何も解決していない「休戦」

確実なことは決起の継続ジュリアン・サリンゲ  エジプトとカタールの仲介を経て、イスラエルとガザ回廊間での一定の休戦が5月21日に確定した。ガザの民衆がもはや爆撃下に置かれていないということは明らかに歓迎されるが、何ごとも […]

アフリカ・中東
トルコ

党国家とマフィア国家ウラズ・アヴディン 悲惨極まる感染対処策 「ポスト・エルドアン時代に向けトルコは準備ができているのか?」。 2年後の――正常であれば――次期議会選と大統領選に対して、さまざまな評論家と政治観測者によっ […]

アラブ
前途には民衆の抗議行動の爆発が控えている

シリア民衆反乱から10年進歩的な政治的オルタナティブ組織化への挑戦は不可欠な任務ジョセフ・ダーヘル  シリアの民衆反乱から10年が経ち、政権は現在、国土の70%以上を支配している。ロシア、イラン、およびレバノンのヒズボラ […]

アラブ
当地での女性の権利

人が見ているものは氷山の頂点サネム・オズチュルク  「トルコは、『女性に対する暴力とドメスティックバイオレンスと闘い阻止することに関する欧州評議会協定』、普通にはイスタンブール協定(IC)として知られるもの、から脱退した […]

アラブ
トルコ ジェンダーにもとづく暴力との対決

女性の前にある最大問題 サネム・エツチェルク  二〇二〇年は、新型コロナウイルスのパンデミックによる深刻な影響を抜きにしても、トルコの女性運動にとって非常に困難な年になったと言っても過言ではない。しかし、社会的再生産労働 […]

アラブ
アラブの春から もう1つのアラブの春へ

希望のための土台はあるスーダン革命の運命が決定的 ジルベール・アシュカル  資本主義の新自由主義的段階における危機は、今までにないほど多くの場所で、これまで以上に大きな社会的激動を引き起こしながら、最近数カ月、われわれの […]

アラブ
シリア・コロナ下で新たな民衆決起

われわれは生きたい! ジョセフ・ダヘル  シリアは多くの社会・経済問題に直面している。世界的な新型コロナウイルス・パンデミックがそれらを激しくすることになり、新たに諸々のデモを巻き起こしてきた。今年三月半ばにこのパンデミ […]

アラブ
トルコ コロナウイルスめぐるキャンペーン

資本主義の枠超える政策実行へ 3月30日 ウラズ・アイディン  三月一〇日に最初の感染者が公表され、その一週間後には新型コロナウイルスによる最初の死者が明らかになって以降、トルコでは七五〇〇人の感染者と一〇八人の死者が出 […]

アラブ
アラブ ジルベール・アシュカルへのインタビュー(下)

永久革命的進展見すえ確固として反乱する民衆と共に ムスリム同胞団と軍の対立は?――ムスリム同胞団が率いる政権との対立に向かうエジプトの運動は、軍の役割という問題を提起している。未解決の経済的諸問題、政治的諸問題、そして選 […]

アラブ
アラブ ジルベール・アシュカルへのインタビュー(上)

歴史を止めることはもう不可能イスラム勢力の危機も急速に露呈全体が煮えたぎっている  以下に紹介するものは、アラブ地域全体、並びにその発端から現在までの全体を対象とした、「アラブの春」に対するアシュカルによる政治的評価、あ […]

アラブ
チュニジア・民衆の自立的決起守り革命の完遂へ

偽りの二極化による革命の封殺は許さない左翼と革命的勢力、統一に努力 ドミニク・ルルージュ  アラブの春のとば口を開いたチュニジアでもエジプトに続いて、革命をイスラム体制確立へとねじ曲げようとする動きが強まっている。本紙で […]