ウクライナ

ウクライナ
ウクライナ タラス・ビロウスへのインタビュー(上)New!!

自身の命がかかる問題が最重要に ―ロシアの侵略を改めて考える― 戦争は当地の左翼にとって決定的分岐点だった  本紙で何回か論考を紹介したタラス・ビロウスが、ロシアの侵略に抗した2年を振り返って現在の思いを語っている。ウク […]

ウクライナ
ウクライナからパレスチナまで占領は犯罪だ!

戦争か平和か? 現実遊離の偽りのジレンマ排し抑圧の犠牲者との連帯を基本に ダリア・サブロワ  戦争か平和か? これは、ウクライナ問題を取り巻く論争中の偽のジレンマだ。 交渉のための諸条件がない中では、軍事支援に対するオル […]

ウクライナ
ウクライナ戦争 

ウクライナでの戦争に立ち向かう「左翼の課題設定」の論争のために もうひとつの世界になう左翼に向う論争を カトリーヌ・サマリー 左翼内で何が論争されたのか?  「侵略の開始に際して、人生のあらゆる段階の市民が徴兵センター前 […]

ウクライナ
ロシアーウクライナ 2月24日にあたっての声明

「戦争終結」は「独裁へのとどめ」を意味しなければ実現できない 和平拒むプーチンの意志こそが和平の障害 ロシア社会主義運動(RSD) ロシア社会も苦い転換を通過中  ウラジーミル・プーチンは2年前ウクライナへの全面的侵攻を […]

ウクライナ
ウクライナ オクサナ・ドゥトチャクへのインタビュー

緊張が蓄積中、新自由主義ゆえにその不公正さは戦後再建をも阻害  以下のインタビューは、パトリック・ル・トレホンダートにより今年2月3日に行われ、「プレッセートイ・ア・ゴーシュ!」からIVが訳出した。 決起の腐食を新自由主 […]

ウクライナ
ウクライナからパレスチナへ

占領は紛れもない犯罪だ 世界は抑圧への鋭敏さが今こそ必要だ ソツイアルニイ・ルフ(社会運動) イスラエルの犯罪は明白だ  ガザ回廊での戦争は2ヵ月以上進行してきた。 ソツイアルニイ・ルフは、中東における公正な平和を支持す […]

ウクライナ
ウクライナ 中東欧左翼が連合を形成

ソツイアルニイ・ルフのコミュニケ EC議会選へ相互支援  「社会運動」(ソツイアルニイ・ルフ)は、中東欧グリーンレフト連合(CEEGLA)を共同創立した。この団体は、公正で左翼的で社会的な欧州、および各国での対応する政策 […]

ウクライナ
シオニストの植民地戦争とその共犯者

世界が目撃する人道に対する犯罪 ジルベール・アシュカル ジェノサイド戦争が明白な真実  真実は、ガザに対する現在の攻撃が、国際法の分類におけるふたつの人道に対する犯罪、大量殺害と「民族浄化」を含むもっとも鮮明な形態におけ […]

ウクライナ
ウクライナ人活動家へのインタビュー

パレスチナ人との連帯を宣言する活動家たち―欧州中心主義批判も 冷戦時の単純化された政治乗り越える連帯へ  われわれの世界はふたつの恐ろしい戦争によって真っ二つに引き裂かれようとしている。イスラエルは今パレスチナ人を敵とす […]

ウクライナ
ウクライナ パレスチナ民衆と連帯する共同公開状 2023年11月2日

抑圧に抗する人びととの連帯をゼレンスキー政府のイスラエル支持ノー  われわれ、ウクライナ人研究者、芸術家、政治活動家、労働運動活動家、市民社会メンバーは、75年間のイスラエルの占領、分離、入植者の暴力、民族浄化、土地収奪 […]

ウクライナ
ウクライナとロシアの社会主義者がロシア帝国主義への抵抗を語る

アシュリー・スミス/ハンナ・ペレコーダ/イリア・ブドライツキス  ウクライナでのロシアの戦争は世界政治の中心部にある。ウクライナ連帯ネットワークの後援の下に、米国内での全国講演旅行の途上にある、ウクライナ人社会主義者のハ […]

ウクライナ
ウクライナ フランスの若者たちと連帯する

ナエルに正義をソツィアルニイ・ルフ  ひとりの警官による17歳のナエル殺害は、フランスの若者たち内部で本物の反乱に火をつけた。この殺害は、フランスの警察が関わった長く悲しい犯罪のリストの単なるひとつにすぎない。そしてその […]