不幸はアフガニスタンの運命か?アフガニスタン四月革命の物語

2010年9月20日 ラリ・カーン

[解題]

この論文は、パキスタンの「闘争」グループの創設者であるラリ・カーン(2020年2月死亡)が2010年9月に執筆したものである。『アジアン・マルキスト・レビュー』のサイトに掲載されているものを日本語訳した。本文中の記述から判断すると、おそらくこの時期にカブール市内になんらかの左翼の拠点を作ったことを記念して、執筆されたものと思われる。この中で、ラリ・カーンは当時の(それは現在へと通じている)アフガニスタン情勢がアメリカの侵攻によって始まったのではなく、その起源は1978年の四月革命にまで遡らなければならないとしている。そして、1978年に権力を掌握した人民民主党政権の初期の政策を高く評価している。タリバンによるカブール占領に際して日本で行われている議論の多くが、この時期の諸問題をスルーし、2001年以降にのみ議論の対象を限定している中では、この指摘は重要であると考える。ぜひご一読いただいきたい。(訳者)

不幸はアフガニスタンの運命か?アフガニスタン四月革命の物語

2010年9月20日

ラリ・カーン

アメリカ帝国主義の真剣な戦略家たちは、アフガニスタンでの軍事的勝利が不可能であることを理解している。それと同時に、ロシア、インド、中国、その他の国は、この状況から利益を得ようと画策している。これらはすべて、1978年の四月革命の反動的な敗北の結果である。しかし今、労働者や若者の間では、当時の記憶がよみがえり、反動的な原理主義者と現政権の両方に代わるものを求めている。

「アフガニスタンの地理的位置とその国民のユニークな性格が合わさることで、この国は中央アジアの問題において、過大評価することができないほどの政治的に重要な位置を与えられている」(フリードリヒ・エンゲルス)

地球上の他のいくつかの「発火点」と同様に、アフガニスタンの地政学的な重要性は、その人々にとって恵みではなく、むしろ呪いとなっている。何世紀にもわたって、アフガニスタンは代理戦争、反乱、そして帝国主義諸国が中央アジアの支配権をめぐって争ったグレートゲーム[訳注:中央アジアの覇権をめぐる抵抗主義間の敵対関係・戦略的抗争を指す。中央アジアをめぐる情報戦をチェスになぞらえてつけられた名称]の戦場となってきた。かつてはイギリスとロシアの争いであった。現在、ロシアは北部のタジク人やウズベク人とともに、再び陰謀に関与している。イランは、ダリー語[訳注:アフガン・ペルシャ語とも言われ、かつてはアフガニスタンの伝統的支配階級の中で広く用いられていた]を話す人々やシーア派の人々に影響力を伸ばしている。中国は、世界最大の銅山を所有しているアフガニスタンの鉱物資源の開発に熱心だ。最後になるが忘れてはいけないのは、インドも積極的に介入しており、アフガニスタンを自分の裏庭と見なしているパキスタンとの対立を悪化させていることだ。このような地域的なパワーポリティクスの皮肉な表現は、将来的にアフガニスタンをその構成要素に分割することにつながるかもしれない。この不幸な国は、残忍な帝国主義の侵略にさらされており、終わりの見えない血みどろの消耗戦に巻き込まれている。

帝国主義の侵略は、欧米諸国に楽観主義を植え付けることも、アフガニスタンの大衆の悲惨な苦しみを和らげることもできなかった。9月18日に行われた国民議会下院選挙は何の解決にもなっていない。これ以上ないほど荒涼とした状況である。裏切り者の軍閥によって運営される麻薬経済、残忍な帝国主義の侵略、普遍的な汚職、無節操なタリバンの残虐性、これが今日のアフガニスタンの現実である。

しかし、これは常にそうだったわけではない。カブールが「東洋のパリ」と呼ばれていた時代もあった。1919年の第3次アングロ・アフガン戦争でイギリスに勝利したことで、約1世紀にわたる帝国主義の侵攻に終止符が打たれ、一定の不安定な国家主権が獲得された。レーニンとトロツキーに率いられたソビエトロシアは、アフガニスタンを独立国として認めた最初の国であった。しかし、この独立は長くは続かず、1929年にはナディール朝が君主制の独裁政治を敷いた。

現在の戦争は、2001年にアメリカがアフガニスタンに侵攻したことで始まったわけではない。この侵略は32年以上に及ぶ。1973年のムハンマド・ダウドによる軍事クーデターは、大地主とブルジョアジーの利益を代表するものであった。このクーデターは、アメリカ帝国主義とモスクワのスターリニスト官僚から援助を受けていた。両者は、冷戦時代にダウドの独裁的な政権を取り込もうとした。

PDPA(アフガニスタン人民民主党)は、1965年1月1日、アフガニスタン共産党の異なる派閥の統一会議で結成された。1978年4月17日、ミール・アリ・アクバル・カイバー[訳注:PDPAパルチャム派の指導者]は、カブールのプル・ア・チャルヒ刑務所でダウド政権に暗殺された。カブールでは1万人以上の自然発生的な抗議デモが行われ、抑圧的な政権を揺るがした。ダウドは、獄中にいるPDPAの他の主要指導者たちの殺害を計画していた。

PDPAは報復するほかなかった。1978年4月27日、アフガン陸軍と空軍に所属するPDPAの将校たちは、血まみれのクーデターによって圧政を敷いていたダウド政権を打倒した。プル・ア・チャルヒ刑務所の壁は機甲部隊によって砲撃され、PDPAの指導者たちは解放された。アフガニスタン民主共和国が宣言され、PDPAの書記長であるヌール・ムハマド・タラキが率いる革命評議会と新政府が発足したのである。

革命評議会が最初に出した政令の一つは、女性の売買を全面的に禁止することだった。革命前のアフガニスタンでは、女性はいかなる権利も奪われていた。アフガニスタンの前封建社会では、女性は基本的に商品であり、その購入は花嫁費用の支払いという形で薄いベールをかけられていた。しかし、このような野蛮な行為は、今日のアフガニスタンにおいて、タリバン支配地域だけでなく、帝国主義者が押し付けた「民主主義」の下にある地域でもまだ蔓延している。

1978年7月の政令第6号では、地主や金貸しへの借金をすべて帳消しにした。これにより、農村人口の80%にあたる1,150万人が、署名一つで、金貸しから無理な要求を受けなくてよくなったのである。帳消しにされた借金の総額は330億アフガンに上る。新政府は農地改革も実施した。人口の5%が全耕作地の4分の3を所有していた。1979年の秋までに、これらの土地はすべて収用され、30万人以上の土地を持たない農民に与えられた。

農産物の仲買人の役割も廃止された。史上初の国勢調査も行われた。医療、住宅、食料供給を改善し、失業者を一掃するための抜本的な対策が講じられた。1978年から79年にかけて、600以上の学校や高等教育機関が設立された。80万人の労働者と農民が識字教育コースに参加し始めた。帝国主義や「国家」ブルジョアジーの資本や資産の大部分が国有化された。

当然のことながら、新しい革命政府は、帝国主義者の脅威とみなされた。四月革命に対する多くの誹謗中傷の中に、「ソ連の支援を受けた」というものがあった。しかし、これは全くの誤りであり、欧米のメディアの中にも認めざるを得ないものがあった。例えば、『タイム』誌は1980年1月28日号で次のように書いている。「1978年4月にヌール・ムハンマド・タラキがダウドを打倒したマルクス主義者のクーデターは、アメリカ人と同様にソ連人をも驚かせた。西側の情報機関は、『四月革命』の現場にロシアの指紋を見つけることができなかった」。

1979年4月9日に行われた演説でタラキは、「四月革命には外部勢力は関与していない。アフガニスタンは革命の輸入も輸出もしていない・・・。人間による人間の搾取のない社会を築くという新しい道を歩み始めたのだ」と述べた。

革命後の最初の数ヶ月間に行われた急進的な措置は、特に南アジア、中央アジア、西アジアに大きな影響を与えた。帝国主義は、この地域全体に波及する可能性に恐れをなした。これこそが、アフガン革命に対してCIA史上最大の秘密作戦が発動された真の理由である。帝国主義が「イスラムのジハード」という旗印のもとに組織した反動的な反乱によって、現在の戦争が始まったのもこの時である。

ワシントン・ポスト紙は2月15日、「秘密活動の監督を担当する議会の主要委員会は、国務省とCIAの行動について常に情報提供を受けてきた・・・。この秘密の取引は、最終的に、反乱軍への秘密の援助が、ロシア軍に嫌がらせをして縛り付けているため、政権が明言している目的であるロシア軍の撤退を妨げることになるのではないかという疑問を引き起こす可能性がある」と書いている。

カブールの左翼政権を転覆させるためのこのCIAの秘密作戦の主な実行者は、パキスタンのジア独裁政権とサウジアラビアの王政であった。「ドルの聖戦」は、1978年秋、カーター大統領の国家安全保障顧問であったブレジンスキーがカイバル峠で始めたものである。オサマ・ビン・ラディンをこの「聖戦」に勧誘したのも彼である。ブレジンスキーは、それを始めるときに「アラー・アクバル」とさえ唱えた。

しかし、PDPAの指導者たちのイデオロギー的な不備と混乱、狭い民族主義的な展望によって、帝国主義による反乱と戦い、敗北させるための革命的国際主義者の階級政策を策定し、実行することができなかった。PDPAの指導者たちのイデオロギーは、マルクス主義的国際主義というよりも、むしろ民族主義的な傾向に支配されていた。これは、彼らのスターリニストとしての経歴と教育を反映したものであった。

パシュトゥーン(やその他)の民族主義に基づいて革命への支持を得ようとしても、失敗するに決まっている。反乱の圧力が強まるにつれ、PDPA指導部の中で内紛が生じた。それはまた、国の方針や民族政策の分裂を反映したものだった。その結果、タラキが殺され、ロシアの戦車がオクサス川[訳注:アムダリヤ川のラテン名。旧ソ連とアフガニスタンの国境を流れている]を越えたり、サラン峠を通過したりしてアフガニスタンに侵入した。これにより、紛争の様相は一変した。

その影響は、マルクス主義者だけが予測していた。テッド・グラント[訳注:1978年当時、イギリス労働党に加入戦術を行なっていたミリタント・グループの指導者。パキスタンの「闘争」グループは、この論文が書かれた2010年当時、グラントが創設した「国際マルク主義潮流」(IMT)のパキスタン支部だった(その後、IMTから離脱)。]は1978年6月、四月革命の数週間後にこう書いている。

「もし彼ら(PDPAの指導者たち)が、おそらくロシア政権の影響下で一時的に行動するならば、脅かされた貴族やムッラー[イスラム教の宗教指導者]を基盤とした猛烈な反革命の道を準備することになるだろう。反革命が成功すれば、何十万人もの農民の骨の上に旧体制が復活し、急進派の将校が虐殺され、教育を受けたエリートがほぼ絶滅するだろう」と述べている。

この異常な予言は、その後の時代に忠実に実行されている。タリバンは1996年にアメリカの援助でカブールを占領した。オマール師率いるタリバンによる「カブールの征服」を画策した主な人物は、元アメリカ国務次官のロバート・オークリーである。彼は、[パキスタンの]ベナジール政権とパキスタン情報機関(ISI)と共謀して行動していた。

1987年にソ連軍が撤退した後、アメリカはアフガニスタンを見捨て、自分たちが作り出した反動勢力のなすがままに委ねた。こうした反動勢力はこの不幸な土地に大混乱と騒乱をもたらした。しかし、2001年、彼らが作ったフランケンシュタインの怪物は、復讐心をもって彼らに牙をむいた[訳注:アル・カイダによる同時多発テロを指す]。これが帝国主義によるアフガニスタン占領のきっかけとなり、すでに困窮していた大衆に果てしない荒廃と悲惨さをもたらしたのである。

9年近い直接的占領の後、いまや敗北がアメリカ人の目前に迫っている。元CIA職員が設立したシンクタンク「ストラトフォー」は、9月6日付の最新レポートで、次のような驚くべき事実を発表している。

「アメリカが従来の意味でのアフガニスタンでの勝利をもたらすことはできないという基本的な現実を考えると、特に厳しいものがある・・・。アメリカの撤退に先立って行われる可能性のあるいかなる和解においても、タリバンをその一部としなければならないだろう」。

アメリカ主導の有志連合が弱体化していることを察知して、議論好きなアフガニスタン大統領ハミド・カルザイは、ワシントンの操り人形からアメリカを公然と批判する人物へと変貌した。ワシントンは、カルザイが検討している和平交渉の条件を憂慮している。国防総省、国務省、CIAは、この「交渉による解決」の見通しについて激しく意見が分かれている。

ホワイトハウスは、いさぎよい撤退を探っている。しかし、現地の状況はそのような結論を排除している。アメリカのNATO同盟国は、これ以上続けられないという雰囲気である。アメリカ国民は今、撤退を切望している。しかし、国防総省にはその余裕がない。米軍司令官のペトレイアス将軍は、オバマ大統領が好んでいる2011年7月という期限を大幅に超えるまで、本格的な部隊撤退を遅らせるように強く要求した。オバマ大統領はその撤退期限から引き下がりつつあるようだ。米国の戦略家と軍隊は、自ら招いた混乱に陥っているのである。撤退する余裕はないが、このような非常に高価で血なまぐさい戦争を維持することもできない。元CIA地域主任のハワード・ハートは、ニューヨーク・タイムズ紙のニコラス・クリストフにこう語っている。「われわれの軍隊の存在そのものが問題なのだ。われわれが軍隊を投入すればするほど、反対勢力は大きくなる」。

欧米のメディアが隠しているのは、タリバンやアル・カイダだけが反対勢力ではないということだ。メディアは、アフガニスタンのほとんどの主要都市で行われている、社会的・経済的問題に関する大規模なデモの高まりを無視している。多くの左派、民族主義者、その他の要素が、外国の占領に対する国民的抵抗に関与している。アフガニスタンの都市における抗議デモは、頻度と激しさを増している。占領軍が荒廃状態を作れば作るほど、抵抗運動は強くなるだろう。

一部では、NATO軍の撤退によって、無政府状態になり、血なまぐさい内戦が起こるのではないかという危惧の声がある。他方では、すでに占領軍によって引き起こされている極端な混乱と虐殺よりも多くの殺戮と騒乱が出現するのかという疑問もある。反動的なタリバンは、これを無実の人々を殺害し、性的虐待を加える口実にしている。

帝国主義者は、自暴自棄になって、「いさぎよい撤退」を図るために国を解体することを考えるかもしれない。多数派のパシュトゥーン人(44%)とタジク人(27%)、ウズベク人、ハザラ人、北部の少数諸民族との間に民族的な緊張関係があり、これまで指摘してきたように、そうした民族的対立は外国勢力によって悪化させられ、利用されている。こうした民族紛争が意味することは、アフガニスタンのバルカン化が完全に否定されないということである。しかし、それは短期的には最も可能性の高い展望ではない。もし帝国主義者がこの戦略に乗り出すとしたら、アフガニスタンではさらに陰惨な血の海が広がるだろう。

占領下での安定を実現できる可能性は、日に日に、いや時間に日に失われていく。もしかしたら、マクリスタル将軍は差し迫った敗北を見越して、自ら解任されるように仕向けたのかもしれない[訳注:マクリスタル将軍はアフガニスタン駐留アメリカ軍の司令官だったが、政府高官を批判したことで、2010年6月にオバマ大統領によって解任された]。後任のペトレイアスは、戦死者の数を減らしていないし、戦況を大きく改善してもいない。AP通信によると、9月4日、ペトレイアスは「殺さなければ、非常に強力な反乱から抜けだす道をつけられる」と語ったという。

国民議会下院選挙が9月18日に行われたが、大統領選挙と同じくらい不正に操作されたものだった。この議会の茶番劇は、帝国主義者とその手先が、西側の視聴者の目に少しでも信用を得ようとする欺瞞的な試みである。これは、ひどく間違った冒険を正当化するためのものである。こうした選挙でアフガニスタンの大衆にとって、敵対するさまざまな軍閥や犯罪者の中から選ぶのが唯一の選択肢だったのである。彼らは、麻薬取引や身代金目的の誘拐、忠誠心の変化に基づく脅迫などを通じて、この戦争で何百万ドルも稼いだ傭兵的な凶悪犯だ。こうした選挙は何の解決にもならない。

アフガニスタンでは、資本主義は社会を発展させることも、大勢の人々の生活を改善することもできない。現在のマフィア的資本主義関係の下では、フォーマルな国民経済を確立することはできず、民族民主革命の他の課題については言うまでもない。すべての経済は、外国からの援助と麻薬取引に基づいている。この麻薬経済の中では、70%の非識字者、破綻した社会構造、中世的な反啓蒙主義者による支配、極度の貧困、悲惨さ、病気などがあり、帝国主義によって接ぎ木された「民主的」な体制は機能しないだろう。復興・発展・繁栄は、現実とは無縁の夢物語である。この爆発的な矛盾の泥沼の中では、出口はない。アフガニスタンは、過去との根本的な決別なしには、民族紛争、経済的不均衡、慢性的な不安定さ、戦争、流血、収奪を克服できない。

欧米で描かれている、アフガニスタンの人々はイスラム教の熱烈な信者でタリバンの支持者であるというイメージは完全に間違っている。原理主義の闇の勢力も、腐敗した自由民主主義者も、大衆にとっては何の魅力もない。しかし、左派勢力の大きな復活の兆しがある。PDPAが最近カブールで大会を開いて復活を遂げている[訳注:PDPAの後継政党と言われる政党はいくつかあるが、具体的に何を指しているかは不明]。また、他の左派政党も活動を再開している。

1978年革命のあと、貧しい農民、労働者、若者が獲得したものの記憶は、新しい世代に引き継がれている。四月革命の最初の数カ月の期間は、戯画的な形ではあるが、この腐りきった資本主義体制の打倒と計画経済の設定によって何が達成できるかを垣間見せた。

帝国主義によるプロパガンダでは、アフガニスタンの無慈悲な反啓蒙主義者の支配とタリバン化という亡霊を帝国主義の占領に対する唯一のオルタナティブとして提示しているが、それはまったくのナンセンスである。32年前、アフガニスタンは南アジアで唯一、地主支配と資本主義が打倒され、帝国主義による支配が破られた国であった。古い指導者たちが犯した過ちから学ぶならば、アフガニスタンの若者と労働者の新しい世代は、はるかに高度なレベルで社会主義革命を遂行することができるだろう。

帝国主義の侵略と宗教的偏見による古い時代遅れのシステムの復活は、アフガニスタン社会に災いをもたらした。新しい世代は、悲惨な状況の中で育ってきた。彼らは、専制政治・搾取・苦役の学校で育った。しかし、この苦しみに耐えることは、アフガニスタン人民の必然的な運命ではない。新しい世代は、革命的な結論に向かって進んでいる。アフガニスタンの若者に人気のあるウェブサイトで最近行われた討論では、70%以上がトロツキーを研究し理解することに賛成した。

国際主義は、将来のアフガン革命の成功の鍵である。今日、アフガニスタンの運命は、かつてないほどパキスタンやイランで起こることと結びついている。歴史的・文化的・経済的な強い結びつきが、何千年もの間、これらの社会を結びつけてきた。闘争はまた、これらの国々で大きくはないが強固な革命勢力を育ててきた。カブール市内にセンターを設置することは、革命的マルクス主義の勢力の成長と発展にとって素晴らしい成果である。

革命的マルクス主義勢力は、差し迫った嵐のような出来事の中で急速に成長することができる。社会主義者の勝利は、ほとんどの人がいま想像しているよりも早く日程に上らせることができる。歴史は、この地域がバーバリズムの深淵に落ちるか、あるいは社会主義革命によって資本主義発展のさまざまな段階を飛び越えるかのどちらかになるだろうと定めている。それが前進する唯一の道である。それは、変化を切望している何百万人の被搾取・被抑圧人民の生存と解放への唯一の道である。

The KAKEHASHI

購読料
《開封》1部:3ヶ月5,064円、6ヶ月 10,128円 ※3部以上は送料当社負担
《密封》1部:3ヶ月6,088円
《手渡》1部:1ヶ月 1,520円、3ヶ月 4,560円
《購読料・新時代社直送》
振替口座 00290=6=64430  新時代社