ロシアのフェミニストは、プーチンの戦争に抗議するために街頭に出ている

フェミニスト反戦レジスタンス(ロシア)

 2月24日、モスクワ時間午前5時半頃、ロシアのプーチン大統領は、ウクライナという主権国家を「非ナチ化」「非軍事化」するため、ウクライナ領土に対する「特別作戦」を発表した。この作戦は長期にわたって準備されていた。数カ月前から、ロシア軍部隊はウクライナとの国境まで移動していた。同時に、わが国の指導者は、軍事攻撃の可能性を否定した。いま、私たちには、それが嘘だったことがわかっている。
 ロシアは自らの隣国に宣戦布告した。ロシアはウクライナに自決権も平和な生活の希望も許さなかった。私たちは、この8年間、ロシア政府の主導で戦争が遂行されてきたことを―初めてではないが―明言する。ドンバスでの戦争は、クリミアの違法な併合の結果である。私たちは、ロシアとその大統領は、ルハンスクとドネツクの人々の運命に関心を持っていないし、これまでも持っていなかったと信じている。私たちは、8年も経ってから「共和国」を承認したことは、解放を装ったウクライナ侵攻の口実にすぎないと考えている。
 ロシア市民として、フェミニストとして、私たちはこの戦争を非難する。政治勢力としてのフェミニズムは、侵略戦争と軍事占領の側に立つことはできない。ロシアのフェミニスト運動は、弱い立場にある人々のために、平等な機会と展望のある公正な社会を発展させるために闘っており、そこには暴力や軍事衝突のための場所はありえない。
 戦争は、暴力、貧困、強制的な移住、破壊された生活、不安を意味するとともに、未来がなくなることをも意味する。それは、フェミニスト運動の本質的な価値観や目標とは相容れない。戦争はジェンダー不平等を悪化させ、人権のために獲得されたものを何年も後退させる。戦争は、爆弾や銃弾という暴力だけでなく、性的暴力をも引き起こす。歴史が示すように、戦争中は、どんな女性でもレイプされる危険性が数倍にもなる。こうした理由や他の多くの理由から、ロシアのフェミニストおよびフェミニスト的価値を共有する人々は、わが国の指導部によって放たれたこの戦争に反対する強い立場をとる必要がある。
 プーチンの演説が示すように、現在の戦争は、政府のイデオローグが宣言した「伝統的価値観」の旗印の下でも戦われている。この価値観は、ロシアが宣教師となって世界中に広めると決定したとされるもので、それを拒否する人々や他の見解を持つ人々に対して暴力を用いる価値観である。
 批判的思考のできる人なら誰でも、この「伝統的価値観」には、ジェンダー不平等、女性の搾取が含まれ、狭い家父長的規範に適合しない生き方、自己認識、行動をする人々に対する国家の弾圧が含まれていることをよく理解している。このような歪んだ規範を推進し、デマゴギー的な「解放」を追求する願望によって隣国を占領することが正当化されることも、ロシア全土のフェミニストがこの戦争に全力で反対しなければならないもう一つの理由である。
 今日、フェミニストはロシアにおける数少ない活動的な政治勢力の一つである。長い間、ロシア当局は私たちを危険な政治運動とは認識していなかったため、私たちは他の政治団体に比べ、一時的に国家による弾圧の影響を受けることが少なかったのだ。現在、カリーニングラードからウラジオストクまで、ドン川沿いのロストフからウランウデ[ロシア連邦中部、ブリヤート共和国の首都]、ムルマンスクに至るまで、全国で45以上のさまざまなフェミニスト組織が活動している。
 私たちは、ロシアのフェミニスト団体やフェミニスト個人に対して、フェミニスト反戦レジスタンスに参加し、力を結集して、戦争とそれを始めた政府に積極的に反対するよう呼びかける。また、世界中のフェミニストにも私たちの抵抗活動に参加するよう呼びかける。
 私たちは多数であり、力を合わせれば多くことをなしうる。過去10年間、フェミニスト運動は巨大なメディアと文化的力を獲得してきた。今こそ、それを政治的な力に変えるときである。私たちは、戦争、家父長制、権威主義、軍国主義に反対する。私たちは勝利する未来なのだ。

 私たちは世界中のフェミニストに次のことを呼びかける。

―平和的なデモに参加し、ウクライナ戦争とプーチンの独裁に反対するオフラインおよびオンラインのキャンペーンを立ち上げ、みなさん自らの行動を組織する。資料や出版物にフェミニスト反戦レジスタンスのシンボルマークや、ハッシュタグ「#Feminist
AntiWarResistance」
「#Feminists
AgainstWar」
を自由に使用する。

―ウクライナでの戦争とプーチンの侵略に関する情報を配布する。私たちは、全世界がこの瞬間にウクライナを支援し、プーチン政権を助けることを一切拒否することを必要としている。

―このマニフェストを他の人々とシェアする。フェミニストがこの戦争に、そしてあらゆる種類の戦争に反対していることを示す必要がある。また、プーチン政権に反対して団結する準備のあるロシアの活動家がまだいることを明らかにするのも必要不可欠である。私たちは今、国家による迫害の危険にさらされており、みなさんの支援が必要なのだ。

2022年2月27日

週刊かけはし

購読料
《開封》1部:3ヶ月5,064円、6ヶ月 10,128円 ※3部以上は送料当社負担
《密封》1部:3ヶ月6,088円
《手渡》1部:1ヶ月 1,520円、3ヶ月 4,560円
《購読料・新時代社直送》
振替口座 00860-4-156009  新時代社