香港でロシアによるウクライナ侵攻反対のスタンディング

2022年4月12日

 香港ではゼロコロナを理由に、公の場所で人が集まることが制限されています。以前であればこういう課題は、左派政党の社民連や民主派ナショナルセンターの工盟の有名活動家らが率先してやっていましたが、今はみんな獄中。その中で、香港の左翼アクティヴィストらが、ロシアによるウクライナ侵攻反対のスタンディング、という報道がありました。原文および動画は、以下から見ることができます。
https://www.hk01.com/社會新聞/757401/俄烏戰爭―團體天星碼頭宣揚反戰―警全程拍攝-促市民勿圍觀

ロシア・ウクライナ戦争:スターフェリー乗り場で戦争反対を訴える団体、警察が一部始終を撮影し、見学しないよう警告

 ロシアとウクライナの戦争は世界の関心を集めているが、香港でも今日(4月10日)、多くの団体や市民が尖沙咀のスターフェリー乗り場で反戦のメッセージを訴えた。 「国境なき社会運動」のメンバーは、各国に対して、ロシア軍の撤退、各国政府による軍事・人道支援、ウクライナの復興債務の免除の3点を要求した。 社会民主連盟のメンバーは死者と負傷者に黙祷を捧げ、他のメンバーは反戦スローガンを掲げて黙祷をおこなった。 現場には多数の制服警官が配置され、参加者を止めてチェックし、「集会規制」に違反しないように警告していた。
 今日の午後1時頃、スターフェリー乗り場には数十人の制服警官が警備に当たっていた。 「国境なき社会運動」のメンバー2人が桟橋の外で反戦の横断幕を掲げ、ロシアとウクライナの情勢に関心を持つよう呼びかけていた。 「私たちの声は小さいですが、私たちは皆、自分の居場所があり、政府や人道支援団体に何かを求めることができます」。
 タム氏らはその後、警察に呼び止められ、警察官から「君らの集まりは問題ないが、君らの行動が他の人を集める原因になるかもしれない」と言われ、すぐにやめるように言われたことを引き合いに出している。

社会民主党議員連盟のメンバーが黙祷

 社会民主主義者連盟のメンバー2人は、ウクライナの死者と負傷者に敬意を表し、戦争による荒廃と人間の苦しみを悼むため、桟橋で黙祷を捧げた。
 その後、「ロシアは無条件撤退、ウクライナは多元的国家として自分たちで決める」という反戦スローガンを掲げた数人が桟橋にやってきて、その場に黙って立ち尽くしていた。
(attac首都圏MLから)。

THE YOUTH FRONT(青年戦線)

・発行編集 日本共産青年同盟「青年戦線」編集委員会
・購読料 1部400円+郵送料 
・申込先 新時代社 東京都渋谷区初台1-50-4-103 
  TEL 03-3372-9401/FAX 03-3372-9402 
 振替口座 00290─6─64430 青年戦線代と明記してください。