1月6日は確かに、「大統領権力のアメリカにおける平和な聖なる移行儀式」を示す高度に独自的なやり方を、また騒然とした時代の継続という標章を刻み付けた。それはこの時代向けの見せ物――去りゆく大統領が示した権力維持に関する決定的に空しい理解力、もっとも道理を欠いた半一揆から議事堂内部での死を招くリンチを求める程興奮した暴徒までの変化に富む形態、そしてその後の、ジョー・バイデンとカマラ・ハリスの選挙人による承認票決に向けた夜遅くの議会招集――だった。
 これらのできごとがもつ長く続く影響、およびそのありそうな余波を評価するには一定の時間が必要になるだろう。ドナルド・トランプに対する2回目の弾劾審理は、誰もがそうなるだろうと分かっていたように終わりを迎えた。

トルコ

党国家とマフィア国家ウラズ・アヴディン 悲惨極まる感染対処策 「ポスト・エルドアン時代に向けトルコは…

The KAKEHASHI

購読料
《開封》1部:3ヶ月5,064円、6ヶ月 10,128円 ※3部以上は送料当社負担
《密封》1部:3ヶ月6,088円
《手渡》1部:1ヶ月 1,520円、3ヶ月 4,560円
《購読料・新時代社直送》
振替口座 00290=6=64430  新時代社