組織内女性差別問題についての同盟の経過と問題点について

日本革命的共産主義者同盟(JRCL)第17回全国大会文書 かけはし1997.1.1号 第3部 総括と課題 掲載にあたって  この文章は、96年4月に開催されたJRCLの第17回大会のために女性差別克服小委員会が提案した議 […]

日本革命的共産主義者同盟(JRCL)第17回全国大会コミュニケ

 ●日本革命的共産主義者同盟(JRCL)は、4月上旬第17回全国大会を開催した。 昨年の第16回全国大会は、「わが同盟にとって今日最大の課題はなによりも第四インターナショナル日本支部の再建を実現することである」と確認し、 […]

第17回全国大会決議―当面する情勢とわれわれの課題

日本革命的共産主義者同盟(JRCL)第17回全国大会決議 I 資本主義経済の「グローバリゼーション」と矛盾の深化、そして「社会主義再生」のいま  (1)1980年代、当時のG5諸国による「プラザ合意」を契機にして加速した […]

積極的行動と女性のあいだでの党建設

1994年12月 第四インターナショナル国際執行委員会採択文書 「われわれの各国支部の誤った態度の根底にあるのは何か。結局のところ、それは女性と彼女たちがなしとげたものに対する過小評価である。事態はまさしくこのとおりであ […]

地球規模の環境破壊と「新しい労働運動」の進路

九〇年代―労働運動の攻勢を作り出すために 高島義一  地球環境破壊に抗する闘いは、われわれが社会主義を目指しうる未来を残すとこができるか否かを賭けた闘いである。同時にそれは、社会主義を目指す運動として労働運動が復権しうる […]

【歴史資料】釣魚台(「尖閣列島」)に対する社会党・共産党の排外主義を批判する(「世界革命」1972年4月21日号)

以下に紹介するのは「世界革命」269号(1972年4月21日)に掲載された論文です。当時の立場は、「革命」中国に対して日本の労働者民衆は「祖国敗北主義」をとるべきである、というものです。 今日、この論文を掲載するにあたっ […]

【歴史資料】釣魚台(尖閣列島)にたいする原則的立場(1972年4月)

一切のブルジョア民族主義反対真のプロレタリア国際主義を貫徹せよ 釣魚台(尖閣列島)問題にたいしてわれわれは原則的であらねばならない。釣魚台についてのわれわれの態度表明はそれゆえ一点のくもりもなく、妥協の余地なく革命的共産 […]