ヨーロッパ

イギリス
イギリス労働党から除名された労働組合(RMT)

労働者の政治代表を模索基地を抱えない自治体もぜひ考えてほしい 投稿 浅見和彦(大学教員)  トニー・ブレア首相の下で、イラク戦争・占領と新自由主義政策を展開してきた労働党は、今年五月の総選挙では議席の大幅な減少という結果 […]

イギリス
イギリス総選挙―RESPECTが前進

最激戦区でイラク戦争支持の労働党を破って初議席を獲得 アラン・ソーネット 労働党は大幅に得票率を減らす  ニュー労働党はイギリス総選挙で勝利し、三期目の政権を担当することになったが、議会での野党との議席差は百六十議席から […]

チェチェン共和国
チェチェンの戦争をやめさせよ

マヤ・チョフハロヴァに聞く 【マヤ・チョフハロヴァは人権擁護情報局の平和・開発センターの代表である。1994年から1996年までの時期、彼女は北カフカース女性同盟でも活動していた――『ルージュ』】。 問――チェチェン人民 […]

ポルトガル
ポルトガル・東ティモール支援で結集するポルトガル左翼

 1975年のポルトガル革命以来最大規模となった最近のデモで、リスボンの街頭が10万人以上の人びとによって埋めつくされた。 こうしたデモに寄せられたアピールの一部は、メディア、政府、国家機関からのものであったが、動員が大 […]

フランス
コソボ問題・NATOとコソボ問題への回答

カトリーヌ・サマリ  アメリカの革命的社会主義組織である「ソリダリティー(連帯)」が発行する隔月刊の雑誌『アゲンスト・ザ・カレント(流れに抗して)』は、第80号(99年5・6月号)で、NATOのユーゴ空爆とミロシェビッチ […]

ユーゴ地域
大江健三郎との往復書簡 

ユーゴ空爆を正当化するスーザン・ソンタグの虚偽の論理 平井純一  NATO軍によるユーゴ空爆は、バルカンの民族問題をより一層、深刻な解決不能の状態に追い込んだ。アルバニア難民の帰還が始まるとともに、セルビア系住民が難民化 […]

アルバニア
空爆下のマケドニアとアルバニアの難民キャンプを訪れて

空爆は非軍事的解決への努力と可能性をつぶした 豊田直巳さん(フォト・ジャーナリスト)に聞く  6月4日、78日間に及ぶNATO軍のユーゴ空爆は終結した。以下は、空爆の続く4月下旬、マケドニアとアルバニアの難民キャンプと、 […]

ユーゴ地域
コソボ問題・多民族的・民主的解決に向けた長期的支援を

カトリーヌ・サマリに聞く  3月24日に開始されてから78日間に及んだNATOのユーゴ空爆は、6月4日に停止された。計3万4千回以上に達した空爆は、数千、数万のユーゴ民衆を殺し、傷つけ、その生活基盤を破壊しただけでも、民 […]

イタリア
イタリア共産主義再建党(PRC)の現状と課題

リビオ・マイタン  3月18日から4日間、イタリア共産主義再建党(PRC)の第四回臨時大会が開催された。PRCは昨年秋、プローディ政権の新自由主義的経済政策に反対し、予算案に反対して閣外協力を撤回した。これをめぐってPR […]

ドイツ
ドイツ・体制内化完了を確認した緑の党臨時大会

ダビッド・ミュラー  NATO軍によるユーゴ空爆が続く5月13日、ドイツ西部の都市ビーレフェルトで開催された緑の党臨時大会は、党幹部会が提出したフィッシャー外相のコソボ政策を支持する決議案を賛成多数で可決した。それは、8 […]

ドイツ
ケルンサミット・債務帳消し━G7のウソ

強制されるよりハードな構造調整プラン返済額は増え続け、民衆の生活はさらに悪化する エリック・トゥーサン 債務の90%棒引きだって?  最近ケルンで行われたG7サミットで、貧しい国々の債務帳消しを求める1700万人分の請願 […]

ドイツ
反失業ヨーロッパ大行進

EU首脳会議に対決してケルンで35000人がデモ フランソワ・ヴェルカマン  一昨年の1997年6月のアムステルダム、1998年のカーディフとウィーンの反失業ヨーロッパ大行進に続いて、6月3日と4日のEU(欧州連合)首脳 […]